札幌大学がアイヌ文化教育研究センターを設立 -- アイヌ文化の担い手育成、アイヌ民族への理解の促進に寄与|The大学Times

札幌大学がアイヌ文化教育研究センターを設立 -- アイヌ文化の担い手育成、アイヌ民族への理解の促進に寄与大学通信 2020.12.7

◆アイヌ文化教育研究センター
○センター長
 本田優子 教授(地域共創学群/歴史文化専攻 専門分野:アイヌ文化、アイヌ史、アイヌ語)
○運営委員
 常本照樹 教授(地域共創学群/歴史文化専攻 専門分野:アイヌ法政策学、憲法学)
 瀬川拓郎 教授(地域共創学群/歴史文化専攻 専門分野:考古学・アイヌ史)



 同センターは、一般社団法人札幌大学ウレシパクラブとも連携し、次の事業を実施する。
(1)アイヌ文化の担い手の育成
(2)アイヌ民族及び海外先住民族に関する教育研究の推進
(3)市民を対象とする講演会・シンポジウム等の開催
(4)アイヌ文化研究機関及びアイヌ文化保存団体との交流
(5)海外の先住民族及び先住民族文化研究機関との交流


 なお、当初、12月12日に予定していた設立記念式典は、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、令和3年3月に延期予定。詳細は決まり次第案内する。


(関連ページ:札幌大学公式サイト内)
・アイヌ文化教育研究センターの設立について
 https://www.sapporo-u.ac.jp/news/su-news/2020/11300000.html


▼本件に関する問い合わせ先
札幌大学 学務部 研究支援課
岡田
TEL:011-852-9150

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから