酪農学園大学の学生が北欧の伝統装飾品「ヒンメリ」を手作り -- 黒澤記念講堂のエントランスに展示|The大学Times

酪農学園大学の学生が北欧の伝統装飾品「ヒンメリ」を手作り -- 黒澤記念講堂のエントランスに展示大学通信 2020.12.23

 「ヒンメリ(himmeli、語源は独語のヒンメル「天」の意味)」とは、ライ麦の麦わらを使って作るフィンランドの伝統的なモビール(室内装飾)のこと。フィンランドでは収穫が終わったシーズンにヒンメリを飾り、一年の感謝の祈りを捧げる。

 酪農学園大学ヒンメリプロジェクトは2017年にスタート。ヒンメリアーティストの山本睦子氏の指導の下、農産物利用学実習(担当:宮崎早花講師 農食環境学群選択授業)の一環として毎年制作しており、材料は同大作物学研究室(義平大樹教授)が栽培したライ麦の麦わらと、同大で飼育されている羊(テクセル)の羊毛を使用。羊毛の毛刈りや洗浄などには家畜栄養学研究室(中辻浩喜教授)が協力し、全て手作業で行われている。
 昨年度までは農産物利用学実習を履修する学生がヒンメリを作っていたが、今年度は新型コロナウイルスの影響により遠隔で授業が行われた。そのため、食物利用学研究室の学生がゼミ活動として、麦わらの選別・洗浄などの下処理からヒンメリの作製・展示までを行った。

 2020年度のデザインコンセプトは、山本氏の提案による「星に願いを」。今年はコロナ渦にあり、できることは限られていたが、「これまでのヒンメリプロジェクトで大切に育ててきた想いを途切れさせないように、そして2021年度へのメッセージとして、新しい年が輝きのあるものであるように『21個の星』に願いを込める」として、中央集合体のスケールの大きな作品に仕上げた。
 また、エントランスの窓側には、キリストの誕生を知らせたとされるベツレヘムの星をイメージし、フェルトボールとヒンメリを組み合わせて八芒星を表現した作品を展示。「星に導かれるように、優しい光が満ちる黒澤記念講堂の展示へ多くの人々が足を運んでくださるように...」という想いが込められている。

▼本件に関する問い合わせ先
 酪農学園大学入試広報センター広報課
 住所: 〒069-8501 江別市文京台緑町582番地
 TEL: 011-388-4158
 FAX: 011-388-4157
 E-mail: koho@rakuno.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから