第5回高校生東南アジア小論文コンテストの応募を受付中 〜多文化共生社会へ向かう日本を担う高校生たちが、東南アジア諸国を知る機会〜|The大学Times

第5回高校生東南アジア小論文コンテストの応募を受付中 〜多文化共生社会へ向かう日本を担う高校生たちが、東南アジア諸国を知る機会〜大学通信 2021.7.13

神田外語大学創立30周年記念事業の一環としてはじまった、高校生東南アジア小論文コンテストは、今年で第5回を迎えます。第4回となった昨年は、全国の高校生から1,266作品が寄せられました。コンテスト応募者は、「インドネシア」、「ベトナム」、「タイ」の3部門の中から興味のある記事を一つ選び、1,000〜1,200字の小論文にまとめます。課題となる記事は、現地で活躍する神田外語大学の卒業生からのSDGsをテーマにしたレポートです。

〈応募記事〉
・インドネシア部門「SDGs 目標1 貧困をなくそう」
・ベトナム部門  「SDGs 目標4 質の高い教育をみんなに」
・タイ部門    「SDGs 目標3 すべての人に健康と福祉を」

応募方法は、個人・団体の二通り。
入賞者には、コンテスト主催者から直接連絡いたします。
表彰式は10月30日(土)、オンラインでの開催予定です。
 
詳細概要は以下のとおりです。
◆「第5回高校生東南アジア小論文コンテスト」概要
【部 門】  インドネシア、ベトナム、タイ(複数の部門への応募も可能)
【募集期間】 2021年7月1日(木)〜9月17日(金)
【応募資格】 全国の高等学校に在学中の生徒 ※締切日時点
       ※高等専門学校、中等教育学校、海外の学校等については、高等学校に相当する学年に在学する生徒
【応募詳細】 https://www.kandagaigo.ac.jp/essaycontest/
【各 賞】  最優秀賞1点(インドネシア、ベトナム、タイの各部門1位作品から選考する)、
       優秀賞2点(各部門トップのうち、最優秀賞以外)。
       最優秀賞者、および優秀賞者への副賞は、最優秀賞20万円、優秀賞2名にはそれぞれ10万円の奨学金とする。
       入選者への副賞は、27点すべてに図書カード1万円分とする。学校奨励賞
      (10点以上応募のあった学校が該当)の副賞は、 図書カード1万円分とする。 
       ※最優秀賞1人、優秀賞2人、入選27人、計30人が入賞となります。
【主 催】  神田外語大学
【後 援】  文部科学省/外務省/駐日インドネシア共和国大使館/駐日ベトナム社会主義共和国大使館/
       在東京タイ王国大使館/国際機関日本アセアンセンター/一般社団法人共同通信社
【協 賛】  株式会社千葉銀行/イオン株式会社

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人佐野学園 (神田外語グループ) グループコミュニケーション部
室井優太朗、三上山 雄亮
住所:東京都千代田区内神田2-13-13
TEL:03-3258-5837
FAX:03-5298-4123
メール:media@kandagaigo.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像