オーストラリア州立クイーンズランド大学とのダブルディグリー・プログラム開始 -- 昭和女子大学|The大学Times

オーストラリア州立クイーンズランド大学とのダブルディグリー・プログラム開始 -- 昭和女子大学大学通信 2021.7.9

 州立クイーンズランド大学は1909年に設立されたクイーンズランド州最古の総合大学で、オーストラリアでトップ8大学の1校でもある名門大学です。世界大学評価機関の英国クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds)が発表した世界大学ランキング2022では47位という高い評価を得ており、昭和女子大学とは2013年から協定を結んでいます。

 ダブルディグリー・プログラムに参加するためには、「IELTS6.5以上またはTOEFL iBT87点以上、GPA2.8以上」という高い成績の基準を達成することが求められます。その後、学生はクイーンズランド大学人文社会学部の幅広い主専攻の中から2つ選択し、各16単位ずつ計32単位を現地で取得します。このプログラムに参加する学生には奨学金制度を用意し、チャレンジ意欲ある学生を全面的にサポートしていきます。

■昭和女子大学のダブルディグリー・プログラム
 昭和女子大学では、2014年度から「ダブルディグリー・プログラム」を開始しており、中国の国家重点大学である上海交通大学、韓国の淑明女子大学校、ソウル女子大学校、そして同じ敷地内にあるアメリカペンシルベニア州立テンプル大学ジャパンキャンパスで学生が学んでいます。現在ダブルディグリー・プログラムに参加している学生数は以下の通りです。



 上海交通大学: 47人
 ソウル女子大学校: 10人
 淑明女子大学校: 2人
 テンプル大学ジャパンキャンパス: 4人


▼本件に関する問い合わせ先
昭和女子大学 広報部
TEL:03-3411-6597
メール:kouhou@swu.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像