女子高校野球史上初めての「夏の甲子園」が実現。武庫川女子大学は女性活躍を推進する女子総合大学としてこの歴史的な一歩を応援しています。|The大学Times

女子高校野球史上初めての「夏の甲子園」が実現。武庫川女子大学は女性活躍を推進する女子総合大学としてこの歴史的な一歩を応援しています。大学通信 2021.8.24

この大会は全国から40校が参加。準決勝まで兵庫県丹波市で開催し、決勝のみ甲子園で行いました。女子の試合はもともと男子の全国高校野球選手権大会が休養日となる8月22日に行われる予定で、武庫川女子大学は朝日放送テレビでの生中継の一社提供を予定していました。しかし、長雨で日程がずれ込み、試合は8月23日17時からの実施に。放送対応も変更になり、録画放送(24日深夜3時14分〜4時14分)となりましたが、この番組を「武庫川女子大学協賛 第25回全国高校女子硬式野球選手権大会 決勝」として一社提供。番組内で武庫川女子大学のCMを複数回流し、女性の可能性と挑戦する心を応援します。


また、試合に先立ち21日、朝日新聞朝刊の女子野球特集(スポーツ面)の下に全国版で広告を掲出しました。青空と土をイメージした背景に、バットを構える女子高校生の笑顔が印象的です。「あなたたちは、どんな歴史を見せてくれるんだろう。」という問いかけが、明るい未来を予感させます。武庫川女子大学の1年生がモデルを務め、キャンパス内の講堂屋上で撮影しました。

新聞広告のメインメッセージは

「女子だから」とあきらめた。
「女子なのに」と驚かれた。
「女子だって」できるとみんなが気づいた、特別な夏。

男子に比べ、 ''甲子園の土''が遠かった女子野球の道のりを振り返り、「初開催」の重みと希望を込めています。


▼本件に関する問い合わせ先
武庫川女子大学広報室
住所:兵庫県西宮市池開町6−46
TEL:0798453533
メール:kohos@mukogawa-u.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像