航空業界の発展を支える航空人材育成・活用にむけてTOKI Aviation Capitalと桜美林大学が事業連携協定を締結|The大学Times

航空業界の発展を支える航空人材育成・活用にむけてTOKI Aviation Capitalと桜美林大学が事業連携協定を締結大学通信 2021.8.31

1 連携・協力事項概要
 ・日本国内で進んでいる空港経営の民営化に対応する人材の育成・供給
 ・パイロットや整備管理業務をはじめとする航空人材の育成、キャリア形成機会の提供

2 協定締結日
 2021年8月17日

3 協定発効日
 2021年9月1日

日本の地域航空の経営に最適なソリューションを取り入れ2022年のトキエア就航に向け取り組んでいるTOKI Aviation Capital 株式会社と、航空業界が求める即戦力となる人材育成のために2020年に航空・マネジメント学群を新設した桜美林大学は、高度な専門性を有した航空人材の育成、LCC地域航空ネットワークの充実と空港を軸にした地域活性化が、産官学の取組により実現されるよう連携し取り組んでまいります。

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人桜美林学園 総合企画部広報課
TEL:042-797-9772
FAX:042-797-9829
メール:webadmin@obirin.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供