芝浦工業大学が2022年度から100人超の女子入学者へ入学金相当の奨学金を給付、理工系女性技術者の育成を目指す|The大学Times

芝浦工業大学が2022年度から100人超の女子入学者へ入学金相当の奨学金を給付、理工系女性技術者の育成を目指す@Press 2021.9.15

芝浦工業大学(東京都港区/学長 山田純)は、「未来を担う理工系女性技術者の育成」のため、2022年度学部入学者から100人を超える成績優秀な女子入学者へ、入学金相当(28万円)を奨学金として給付します。

日本における工学系学科の女子学生比率は15.6%(文部科学省学校基本調査令和2年度)と、世界と比較しても低水準です。「教育も研究も、ダイバーシティの中でこそイノベーションが生まれる」という考えのもと、現在の学部女子学生比率18.7%から、2027年の設立100周年には30%以上へ引き上げることを目標として、取り組んでいます。今回の奨学金給付により、女子生徒の理工系進学を支援し、芝浦工業大学が目指すグローバル大学へ前進していきます。


■ポイント
・2022年度入学生入試より100人超の女子入学者へ入学金相当(28万円)を給付
・2027年度(100周年)までに学部女子学生比率を30%以上へ引き上げる目標


芝浦工業大学女子学生比率の推移

■対象となる学部入学者選抜
推薦入試:「公募制推薦入学者選抜(女子)」による入学者(約30人)
一般入試:成績優秀な入学者(約100人)

※いずれも合格発表時に奨学金給付対象者である旨を本人に通知
※2022年度入学者から2024年度入学者の3年間給付予定


■女子学生入学促進支援に関する入試施策
芝浦工業大学における女子学生の入学を支援するため、施策の第一弾として、2018年度入試より特に女子学生が少ない工学部機械電気系4学科の「公募制推薦入学者選抜(女子)」枠を設けました。続けて、2022年度入試から工学部全9学科へ拡大、今回の奨学金給付は第三弾の施策となります。

【SIT DIALOGUE】学長との対談
vol.2「スプツニ子!さんに聞く」女性がつくる、未来とテクノロジー

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/275615/LL_img_275615_2.jpeg
芝浦工業大学の女子学生比率向上を山田学長が語る

https://youtu.be/FJfeWdlfunA


■芝浦工業大学とは
工学部/システム理工学部/デザイン工学部/建築学部/大学院理工学研究科
https://www.shibaura-it.ac.jp/
日本屈指の海外学生派遣数を誇るグローバル教育と、多くの学生が参画する産学連携の研究活動が特長の理工系大学です。東京都とさいたま市に3つのキャンパス(芝浦、豊洲、大宮)、4学部1研究科を有し、約9千人の学生と約300人の専任教員が所属。創立100周年を迎える2027年にはアジア工科系大学トップ10を目指し、教育・研究・社会貢献に取り組んでいます。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

■参考画像

芝浦工業大学女子学生比率の推移

芝浦工業大学の女子学生比率向上を山田学長が語る