一般財団法人ユーラシア財団from Asia助成 特別講座 「我々は『ステークホルダー』 -- アジア共同体の新しい視角」 2021年9月17日(金)よりオンライン講座として開講|The大学Times

一般財団法人ユーラシア財団from Asia助成 特別講座 「我々は『ステークホルダー』 -- アジア共同体の新しい視角」 2021年9月17日(金)よりオンライン講座として開講大学通信 2021.9.13

■今年度のテーマは「「我々は『ステークホルダー』―アジア共同体の新しい視角」
 毎年、アジアを取り巻く課題をテーマに開講している本講座は、今年で7年目を迎えます。2021年度は「我々は『ステークホルダー』―アジア共同体の新しい視角」がテーマです。21世紀に入り、アジアを含めた全世界が構造的な変化を遂げています。新型コロナウイルスのパンデミックやテクノロジーの発展、政治・経済の変化は私たちの世界を見る視点をも大きく変えました。世界とアジアの新動向を見極め、新しい可能性を見出す方法について、国内外の著名な講師陣が解説します。

■講義予定(敬称略)
 日程:9/17(金)
 講義テーマ:日中関係2000年の「腐れ縁」
 講師:東洋学園大学教授 朱建榮

 日程:9/24(金)
 講義テーマ: コロナ禍での中国社会の日常
 講師:北京大学外籍専家 馬場公彦

 日程:10/1(金)
 講義テーマ: 米中対立の時代を生きる−中国・アジアと向き合う未来へ
 講師:北東アジア動態研究会主宰 木村知義

 日程:10/8(金)
 講義テーマ:元中国大使が見た東洋と西洋−日中関係への示唆
 講師:(公財)日中友好会館 中国代表理事 黄星原

 日程:10/22(金)
 講義テーマ:5Gの世界と世界の5G
 講師:ZTE副総裁 張林峰

 日程:10/29(金)
 講義テーマ:地政学的思考を超える日中協力について〜東南アジア・中東を事例に
 講師:明治学院大学教授 孫占坤

 日程:11/5(金)
 講義テーマ:民族視点からの中国論−漢民族とは何か、少数民族問題とは何か
 講師:慶応義塾大学教授 大西広

 日程:11/12(金)
 講義テーマ:沖縄から見た日中関係
 講師:沖縄大学地域研究所特別研究員 泉川友樹
 
 日程:11/19(金)
 講義テーマ:ポスト文在寅政権と南北・日韓関係の行方
 講師:恵泉女学園大学教授 李泳采

 日程:11/26(金)
 講義テーマ:日中の共同知−教養としての漢詩
 講師:札幌大学教授 張偉雄

 日程:12/3(金)
 講義テーマ: 米軍の新戦略とアジア
 講師:東アジア共同体研究所上席研究員 須川清司

 日程:12/10(金)
 講義テーマ: 中米デカップリングの中での中日経済
 講師: 日本企業(中国)研究院院長 陳言

 日程:12/17(金)
 講義テーマ: ユーラシアの新しいシルクロード 中欧班列と日中韓物流
 講師:(公財)日本海事センター客員研究員 福山秀夫

 日程:1/7(金)
 講義テーマ: これからの世界経済の動向とアジアの役割
 講師: 桜美林大学顧問・元国連大使 谷口誠

 ※2021年9月1日時点の予定です。日程・講師・講義テーマは変更の可能性があります。

■「我々は『ステークホルダー』―アジア共同体の新しい視角」講座概要

 ▼日時:2021/9/17〜2022/1/7の毎週金曜日 13:00〜14:30
     ※10/15(金)、12/24日(金)、12/31(金)は休み
 
 ▼開催形式:Zoomウェビナーによるオンライン講座

 ▼受講・申し込み方法:
  下記WEBページからメールにてお申し込みください。メール到着後、事務局より受講の詳細を返信いたします。

  ・2021年度一般財団法人ユーラシア財団 from Asia 助成 特別講座
   https://www.tyg.jp/koukaikouza/oneasia/index.html


  ※一度お申込みいただければ以降の全講義を視聴できます。
  ※講義開催期間中はいつでもお申し込みいただけます。
 
 ▼受講料:無料
  ※本講座は本学学生が履修する授業科目の一般公開となります。一般の受講者の方は、大学の単位修得はできません。

 ▼お問合せ先:東洋学園大学 「アジア共同体特別講座」担当
  TEL : 03-3811-1696 (代)




【お詫びと訂正】本文中、9/24(金)講師の馬場公彦氏の肩書に誤りがありました。正しくは「北京大学外籍専家」です。ここにお詫びして本文および添付PDFを訂正いたします。(2021/09/15 10:00)

▼本件に関する問い合わせ先
東洋学園大学 広報室
(木村・清水)
住所:文京区本郷1-26-3
TEL:03-3811-1783
FAX:03-3811-5176
メール:koho@of.tyg.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像