江戸川大学が駒木キャンパス内のトイレ洗面台蛇口を非接触式(自動水栓)に全面更新 -- 新しい生活様式に対応|The大学Times

江戸川大学が駒木キャンパス内のトイレ洗面台蛇口を非接触式(自動水栓)に全面更新 -- 新しい生活様式に対応大学通信 2021.9.21

 手や指についたウイルスの対策としては、ウイルスを洗い流すことが最も重要だといわれている。手や指に付着しているウイルスの数は、流水による15秒の手洗いだけで100分の1に、石けんやハンドソープで10秒もみ洗いし、流水で15秒すすぐと1万分の1に減らせることが厚生労働省のウェブページでも紹介されている。
 これを踏まえ、江戸川大学では昨年、各棟の玄関エントランスに手洗い場を増設。このたび、接触感染対策としてキャンパス内のトイレ洗面台蛇口を非接触式(自動水栓)のものに全面更新した。

 江戸川大学では学生・教職員の健康と安全の確保を最優先として考え、今後も万全のコロナ対策を講じていく。

■新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省のウェブページ)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/syoudoku_00001.html

<参考リンク>
■新型コロナウイルス感染症対策として手洗い場を増設(2020.09.24)
 https://www.edogawa-u.ac.jp/news/20200915_1.html

■【重要】新型コロナウイルス感染症に関する対応について
 https://www.edogawa-u.ac.jp/news/20210114_4.html


▼本件に関する問い合わせ先
広報課
住所:千葉県流山市駒木474
TEL:04-7152-9980
FAX:04-7153-5904
メール:kouhou@edogawa-u.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像