人間のようなロボットは可能か?認知科学とAIの可能性 -- 追手門学院大学のニュース発信サイト「OTEMON VIEW」に掲載|The大学Times

人間のようなロボットは可能か?認知科学とAIの可能性 -- 追手門学院大学のニュース発信サイト「OTEMON VIEW」に掲載大学通信 2021.9.27

 「人間のようなロボット」と聞いたときに想起するのは、どのようなイメージだろうか。「人間のような」を「言葉はもちろん相手の表情や動作を理解し、人と同じような自然なコミュニケーションのできる」と言い換えると、こうしたロボットの代表としてアニメのドラえもんや映画のターミネーターなどを思い浮かべる人も多いだろう。

 急速に進歩する人工知能(AI)による第5次産業革命の到来が予期される今、「人間のようなロボット」の基盤となる「人間と同じようなコミュニケーション機能を機械で実現する」研究が、心理学を中心とする認知科学の分野で進んでいる。その研究とはどのようなもので、どこまで進んでおり、はたして実現できるのか。

 今回の記事ではこうした研究について、京都大学名誉教授の乾敏郎追手門学院大学特別顧問が解説する。認知科学を専門とする乾特別顧問は、2021年4月に追手門学院大学心理学部に設置された人工知能・認知科学専攻のコーディネートを担当している。記事のポイントは下記の通り。

【ポイント】
■「人間らしさ」とは何か
○人間らしさのカギ
○自ら学んで成長できるAI
 
■人間らしさを追究する4つの研究テーマ
○言語や表情、しぐさなどを通したコミュニケーション
○人とロボット、ロボット同士の協調のしくみ
○個性や社会性、人間らしさの探求

■AIが人間を超える日が来る?
○介護や医療現場での人手不足解消も
○AIの発展とともに広がる研究分野

※記事本文は下記URLを参照。
 https://newsmedia.otemon.ac.jp/2059/

●「OTEMON VIEW」
 「ニュースの面白さは、見方次第。」をコンセプトに、日々移り変わる世の中の出来事を同大の教員らが教育・研究成果などの専門的知見に基づいて読み解いた記事を掲載。開設当初は教員らによるオリジナル記事と他メディアに掲載された関連記事の2つで構成されていたが、現在はオリジナル記事のみを配信している。
・URL: https://newsmedia.otemon.ac.jp/


▼本件に関する問い合わせ先
追手門学院 広報課
谷ノ内・仲西
住所:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590
メール:koho@otemon.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像