[横浜市立大学]横浜市立大学が2月6日に第35回 先端医科学研究センター市民講座「たんぱく質の異常で病気を診(み)る〜早期発見・早期治療に向けて〜」を開催|The大学Times

[横浜市立大学]横浜市立大学が2月6日に第35回 先端医科学研究センター市民講座「たんぱく質の異常で病気を診(み)る〜早期発見・早期治療に向けて〜」を開催大学通信 2014.12.28

 人間の体の中には2万種類以上のたんぱく質がある。それぞれが生体機能の維持に重要な役割を果たしているため、たんぱく質の異常はしばしば病気の原因になる。
その異常を見抜くことができれば、病気を早期に発見したり、病気を治療したりすることが可能となる。

 そこで、今回の市民講座では「たんぱく質の異常で病気を診(み)る〜早期発見・早期治療に向けて〜」と題して、病気の診断や治療につながるたんぱく質の異常を明らかにする研究について解説する。

※横浜市立大学先端医科学研究センター
 横浜市の中期計画に基づき、「がん」や「生活習慣病」「免疫アレルギー疾患」などの疾患克服に向けて、平成18年に開設された大学の研究施設。特に「細胞」「遺伝子」「タンパク質」の研究分野を中心に、同大の優れた研究活動を支援している。基礎的研究を推進し、さらにその成果を少しでも早く診療の場や市民の人々に還元する研究体制の構築を目指している。

◆「たんぱく質の異常で病気を診(み)る〜早期発見・早期治療に向けて〜」
【日 程】
 平成27年2月6日(金)
 開場18:10 開演18:30(20:00終了予定)
 講演が60分(休憩10分)、その後20分程度、受講者との質疑応答。

【会 場】
 ウィリング横浜(京急線・市営地下鉄「上大岡」駅徒歩3分、ゆめおおおかオフィスタワー12階)

【講 師】
 横浜市立大学プロテオーム科学 教授 平野 久(先端医科学研究センター長)、
 助教 荒川憲昭

【参加料】
 無料

【定 員】
 100名(先着順、1月13日から募集を開始)

【応募方法】
 氏名・住所・電話番号を明記のうえ、下記連絡先宛てにFAXかE-Mailにで申し込む。

▼本件に関する申し込み・問い合わせ先
 公立大学法人横浜市立大学 医学・病院統括部 先端医科学研究課
 〒236-0004 横浜市金沢区福浦3−9
 TEL: 045-787-2527
 FAX: 045-787-2509
 Eメール: sentan@yokohama-cu.ac.jp
 http://www.yokohama-cu.ac.jp/amedrc/event/siminkouza/kouza1502.html
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

講座詳細チラシ

申込用紙