GENOVA、慶應義塾大学医学部との共同開発により、iPadを使った歯周病治療の動機付けサービス「toop!(トゥープ)」を提供開始|The大学Times

GENOVA、慶應義塾大学医学部との共同開発により、iPadを使った歯周病治療の動機付けサービス「toop!(トゥープ)」を提供開始@Press 2011.3.9

株式会社GENOVA(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:平瀬 智樹)は、慶應義塾大学医学部 中川 種昭教授 監修の元、iPadを用いた歯周病検査結果の入力・説明支援による歯周病治療の動機付けサービス「toop!(トゥープ)」を開発し、提供を開始しました。


■サービスの背景
歯周病は歯茎の腫れ、出血を引き起こし、最終的には歯が抜ける疾患です。厚生労働省の調査によると成人の3割、50代では5割がかかっております。
重度になるまで自覚症状がないため、疾患が見つかっても治療を行わない、もしくは治療を継続せず、結果として症状を悪化させるケースが起きており、歯科医師を悩ませております。

■サービスの概要
「toop!」はiPad上で歯周病検査結果を入力すると、自動で歯周病の重症度をグラフで表示するサービスです。
「toop!」を利用することで、患者は現在の重症度を視覚的に理解することができるため、進行段階における治療への動機付けが期待できます。

■サービスの導入方法、利用方法
「toop!」はお申込み後、iPadから指定のURLにアクセスするだけで利用できます。

■サービスの利用料金
105,000円(税込)
※提供価格にiPad本体の金額は含まれておりません。
※カスタマイズをご希望される場合は別途費用が発生いたします。

■「toop!」専用WEBサイト: http://www.toop.jp

■今後の展開
GENOVAでは本サービスの開発に先立ち、医療専門チームを開設いたしました。
今年中に本サービスの導入件数2,000件を目指すとともに、今後も大学、各種医療機関と共にGENOVAの技術力、企画力を活かし、医療業界を支援できるサービスをリリースし続けて参ります。

【株式会社GENOVAについて】
株式会社GENOVAは、東京都渋谷区に拠点を置く、2005年7月に設立されたwebコンサルティングカンパニーです。歯科、不動産、建築リフォーム業を中心としたビジネスブログの構築から、SEMによるネットマーケティング、効果測定、効果的なリスティング広告等のご提案をしております。
『デジタルマーケティングサービスと人間力を提供し、企業の成長を支援すること』がGENOVAの使命です。
GENOVA WEBサイト: http://www.genova.co.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press