税金の「会計リテラシー」向上目指して 「税理士による租税講座」開講 -- 昭和女子大学|The大学Times

税金の「会計リテラシー」向上目指して 「税理士による租税講座」開講 -- 昭和女子大学大学通信 2021.9.30

 2018年4月にグローバルビジネス学部に開設した会計ファイナンス学科では、1年次にビジネスの基礎となる簿記を集中的に学び、応用分野の一つとして税金について学びます。2・3年次には幅広い金融リテラシーを身につけるとともにキャリアプランに応じた専門性を深めます。社会で役立つ「簿記・会計」と「ファイナンス」を学び、全員が日商簿記検定2級の合格を目指します。昨年11月の第156回日商簿記検定3級では、38人の1年生(現2年生)が合格(合格率67.9%)、全体の合格率48.5%(東京商工会議所発表)を大きく上回っています。

 日本税理士会連合会は1995年度から、租税法に関する大学の教育・研究活動を助成し、健全な納税者意識の醸成と税理士制度の周知を目的として寄附講座を開設しています。この「税理士による租税講座」は、地域の税理士会の推薦に基づき、毎年全国の大学で実施しています。2022年度は東京税理士会の推薦で、本学が開設大学として唯一選ばれました。

◆日本税理士会連合会による寄附講座
・講座名: 「税理士による租税講座」
・内容: 租税法、租税法実務、税理士制度、税理士業務について
・開講学部: グローバルビジネス学部会計ファイナンス学科
・対象学生: 2022年度1年生全員 (約80名)
・開講時期: 2022年度 後期
・開講回数: 全15回


▼本件に関する問い合わせ先
昭和女子大学 広報部
TEL:03-3411-6597
メール:kouhou@swu.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像