追手門学院大学が10月14日に日中豪越をオンラインで結んだ英語教育国際比較ワークショップを開催 -- 追大生がハブとなり、県立福島高校の生徒と共に国や世代を越えて学ぶ|The大学Times

追手門学院大学が10月14日に日中豪越をオンラインで結んだ英語教育国際比較ワークショップを開催 -- 追大生がハブとなり、県立福島高校の生徒と共に国や世代を越えて学ぶ大学通信 2021.10.11

【ポイント】
○日本の英語教育の在り方の探究に取り組む高校生と追大生が学びあう
○追大生をハブに福島、大阪、中国、オーストラリア、ベトナムを結び、英語教育の意見交換
○オンラインの良さを生かし、国、世代を越えたワークショップ

 このたびのワークショップは、福島高校の2年生の学びを支援するためのもので、その課題研究テーマは、国連等の国際機関で働く日本人職員が少ないことを課題として捉えた「福高生が国際機関で活躍するためには」。高校生らは中国、韓国、台湾の英語教育の事例を調べ、それらとの比較を通じた日本の英語教育の在り方を探究している。

 ワークショップには、英語教育法を専門とする松宮新吾教授(追手門学院大学国際教養学部)のゼミで英語教員を目指している日本人学生と、中国の幼児教育教員免許を取得し一時的に帰国している同大の中国人学生、国際教養学部の学生を送り出しているオーストラリアのアデレード大学で非英語話者に対する英語教育を担当しているオーストラリア人教員、ベトナムのハノイ国家大学で日本語を学んでいる学生、福島高校の2年生らが参加。
 追大国際教養学部がハブとなって日中豪越の4カ国をオンラインで結び、それぞれの国の英語教育の状況について意見交換を行う。

 今回のホスト役を務める国際教養学部3年の町田聖弥さんは「英語教育を受ける立場の高校生の考えや中国、オーストラリアの英語教育の事例を知る良い機会で、自分の将来や専門を考える上でも参考にしたい」と話している。

■ワークショップ概要
・日時:2021年10月14日(木) 10:00〜 (zoomによるオンラインで開催)
・会場:追手門学院大学茨木総持寺キャンパス(大阪府茨木市太田東芝町1-1)
 ※追手門学院大学の日本人学生および松宮教授は総持寺キャンパスの教室から参加。


▼本件に関する問い合わせ先
追手門学院 広報課
谷ノ内・仲西
住所:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590
メール:koho@otemon.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供