拓殖大学 デザイン学科生が東京都交通局の協力のもと駅構内3D床面標示の設置検証|The大学Times

拓殖大学 デザイン学科生が東京都交通局の協力のもと駅構内3D床面標示の設置検証大学通信 2021.11.24

 拓殖大学(東京都文京区・八王子市 学長 鈴木昭一)工学部永見研究室では、床面標示を立体的に見せる技術を用いて、歩行者空間のサービス向上に取り組んでいる。

 このたび工学部デザイン学科4年生の武田美沙子さんは、駅構内の誘導サインを卒業研究のテーマとして、誘目性と可読性に優れる床面サインを検討しており、2021年11月上旬、東京都交通局の協力のもと、都営地下鉄戸越駅の地上ゆきエレベータへの誘導を目的としたデザイン案の設置検証を行った。

 デザイン案は、3D床面標示に加えて、小さい矢印標示を複数設置する案、帯状の連続標示案を用意し、設置位置とタイプにより評価の違いがあるかを検証した。

■武田美沙子さんのコメント
 デザイン案をPC画面で見るのと実際の空間では見え方が異なり、デザイン面での課題を見つけることが出来ました。配置に関しても、小さい矢印標示はエレベータ方向への連続配置を予定していましたが、「進路の分岐箇所に置くだけでも効果がありそう」などの意見をいただき、気づきの多い設置検証になりました。実験にご協力いただきました戸越駅の駅長、交通局の皆様に感謝申し上げます。


※本取り組みの詳細については以下をご確認ください
 https://feng.takushoku-u.ac.jp/news/20211117-01.html

▼本件に関する問い合わせ先
拓殖大学 広報室
TEL:03-3947-7160
メール:web_pub@ofc.takushoku-u.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像