【成城大学】 次期学長に杉本義行教授を選任|The大学Times

【成城大学】 次期学長に杉本義行教授を選任大学通信 2021.11.22

 <新学長プロフィール>

  氏  名 : 杉本 義行(すぎもと よしゆき)[経済学部教授]
  生年月日 : 昭和30年4月20日。青森県三沢市出身(66歳)
  任  期 :2022年4月1日〜2025年3月31日(3年間)

  学  歴 :昭和55年3月  東京大学農学部農業経済学科 卒業
        昭和57年3月  東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程 修了(農学修士)
        昭和58年5月  東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程 中退

  学  位 :農学博士(東京大学)

  職  歴 :昭和58年 6月  千葉大学園芸学部(助手、講師)
        平成 8年 10月 成城大学経済学部 助教授
        平成12年 4月  成城大学経済学部 教授(現在に至る)
        平成19年 4月  成城大学 教務部長(平成23年3月まで)
        平成23年 4月  成城大学 経済学部長(平成27年3月まで)
        平成27年 4月  成城大学 教育イノベーションセンター長(現在に至る)
        平成28年 5月  成城大学 副学長(現在に至る)
        他、公益財団法人電通育英会理事なども務める。     

  所属学会 : 日本経済学会、日本農業経済学会、行動経済学会、大学教育学会、日本教育工学会他
     
  主要業績 :「成城学園における「教育指標」の構築の研究」(共著)『教育研究所研究年報』第42集、
         2021年「多読型要約学習の実践とその効果−授業外学習時間と資質・能力に焦点を
         当てて−」『第23回大学教育研究フォーラム発表論文集』、2017年「わが国食品工業
         におけるグローバル化」、『フードシステム研究』第6巻第2号,1999年「円高期におけ
         る我が国食品工業の技術構造とその変化−工業統計個票データによる生産関数分析−」
        (共著)、『フードシステム研究』第3巻第1号、1996年「炭素排出の産業連関分析―
         炭素税の影響・貿易財の体化炭素量の計測―」『千葉大学園芸学部学術報告』第49号、
         1995年「農業と製造業の国内資源費用−シャドウプライスの計測方法とその適用−」
         『農業経済研究』第63巻第2号、1991年  



▼本件に関する問い合わせ先
成城学園企画広報部 企画広報課
住所:東京都世田谷区成城6-1-20
TEL:03-3482-1092
メール:kikaku@seijo.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像