拓殖大学 防災を体感的に学ぶ「拓殖防災DAY」を開催|The大学Times

拓殖大学 防災を体感的に学ぶ「拓殖防災DAY」を開催大学通信 2022.1.11

拓殖大学(東京都文京区・八王子市 学長:鈴木昭一)では、教職員・学生が一丸となって取り組む、大学改革プロジェクトとして「オレンジプロジェクト」を実施してきた。同プロジェクトではテーマの異なる5つのグループで、自由にアイデアを出し合いながら様々な企画を実行している。

このたび同プロジェクトチームの主要テーマの一つである地域連携・防災分野で文京区をフィールドとして活動するグループ「Link Bunkyo」により、防災イベント「拓殖防災DAY」が開催される。このイベントは、長引くコロナ禍においても頻発している自然災害について、あらためて恐ろしさや対策の必要性を啓発するため、ワークショップ型の体験と講演を併せて開催するもの。講演「防災パネルトーク」には文京区の3大学より防災等に関する専門家が登壇し、地震への備えや被災地支援ボランティアの心得など地域に根ざした臨場感のある講演を予定している。定員200名(事前申込不要、一般参加可、入場無料)。

「拓殖防災DAY」 Link Bunkyo防災イベント
1.日 時 令和4年1月29日(土)11時00分〜16時00分
       (1)防災ワークショップ11時00分〜16時00分
       (2)防災パネルトーク 13時00分〜15時00分
2.会 場
  拓殖大学文京キャンパス(東京メトロ丸の内線茗荷谷駅 徒歩3分)
  防災ワークショップ、パネル設置(E館 学生ホール)
  防災パネルトーク(E館 後藤新平・新渡戸稲造記念講堂)

3.プログラム
 (1)防災ワークショップ
    ・非常袋重さ体験 ・目隠し歩行体験 ・新聞紙スリッパ作成 ・まちかど防災訓練車
 (2)防災パネルトーク
    テーマ「解決しよう!防災のギモン〜私の備えは大丈夫?〜」
       鍵屋 一  跡見学園女子大学 観光コミュニティ学部 教授
       日比野 勲 東洋大学 ボランティア支援室 ボランティアコーディネーター
       濱口 和久 拓殖大学 地方政治行政研究所 防災教育研究センター長

詳細は拓殖大学ホームページをご覧ください
https://plan2030.takushoku-u.ac.jp/news/500/

主 催
 拓殖大学オレンジプロジェクトチーム(Link Bunkyo)
 これまでの活動は以下よりご覧ください
 https://plan2030.takushoku-u.ac.jp/category/projectnews/link-bunkyo/

▼本件に関する問い合わせ先
拓殖大学 広報室
TEL:03-3947-7160
メール:web_pub@ofc.takushoku-u.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像