■2021年度 東日本・家族応援プロジェクト シンポジウムのご案内■ 被災と復興の証人 11年の足跡とこれから|The大学Times

■2021年度 東日本・家族応援プロジェクト シンポジウムのご案内■ 被災と復興の証人 11年の足跡とこれから大学通信 2022.1.28

 東日本・家族応援プロジェクトは、東日本大震災発生を受けて、対人援助の専門家である教員と、それを学ぶ大学院生がチームとなり、対人援助学を実践する災害復興支援活動です。
今年度で最終年度を迎える本プロジェクトは、これまで、人々の出会いの場所の創出を目的とした、漫画家兼家族療法家で、立命館大学訪問教授の団士郎氏の作品を展示する「家族漫画展」の開催や、現地の対人援助機関と協働し、各地域のニーズに応じた支援プログラムなどを実施してきました。活動を通して、関西から長く、各地の豊かさとともに、災害の影響、それを生き抜く人々の知恵と力について、多くのことを教わってきました。

 本シンポジウムでは、プロジェクトメンバーの教員および大学院生、プロジェクトに関わっていただいた各地の方々が集い、被災と復興の証人として、それぞれの立場で、これまでの11年を振り返り、語り合います。その足跡を確認し、新たな出会いと次の一歩が生まれることを目指します。



■2021年度東日本・家族応援プロジェクトシンポジウム概要
日  時:2022年2月19日(土) 13:00〜17:30 (開場 12:50)
開催形式:オンライン(Zoomウェビナー)

対  象:どなたでもご参加いただけます。
参加費 :無料
申込方法:メールでお申込みください。【締切:2月15日(火)】
・申込先【ejfspj2011@gmail.com】
・件名 【2021 シンポジウム参加】
・本文には下記をご記入ください。
【(1)お名前 (2)年齢 (3)ご住所 (4)メールアドレス (5)電話番号】
主  催:立命館大学大学院人間科学研究科

※プログラム詳細は別紙をご覧ください。


▼本件に関する問い合わせ先
東日本・家族応援プロジェクト事務局
メール:ejfspj2011@gmail.com

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像