早稲田大学国際知的財産セミナー、3月19日に無料開催〜「中国における技術移転と特許法」〜|The大学Times

早稲田大学国際知的財産セミナー、3月19日に無料開催〜「中国における技術移転と特許法」〜@Press 2011.3.9

 早稲田大学国際産学官連携本部は、中国の知的財産法専門家や大学研究者・実務家を招き、早稲田大学早稲田キャンパスにて『国際知的財産セミナー「中国における技術移転と特許法」』を3月19日(土)に無料開催いたします。

セミナー詳細URL: http://www.globalcoe-waseda-law-commerce.org/project/activity.php?gid=10096#0319

 現在中国で締結されている技術移転契約は年間20万件にのぼり、総額は4.5兆円市場規模に達しております。今回、早稲田大学では、「革新型国家」の建設へ向けて独自技術の開発促進を目標として掲げた、特許法第三次改正後の中国の技術移転活動に注目し、中国の著名な知的財産法専門家や中国を代表する大学研究者、実務家を6名招聘して、それぞれのお立場からご講演いただきます。


【セミナー概要】
<概要>
名称:国際知的財産セミナー「中国における技術移転と特許法」
時間:3月19日(土) 13:30〜17:30
場所:早稲田大学早稲田キャンパス14号館102教室
   (東京都新宿区西早稲田1-6-1)
主催:早稲田大学国際産学官連携本部
共催:早稲田大学グローバルCOE知的財産法制研究センター(RCLIP)
   早稲田大学重点領域研究機構知的財産拠点形成研究所(IIIPS-Forum)
   天津大学知識産権研究センター(TRCIP)
総合司会:高林 龍 (早稲田大学大学院法務研究科教授・知的財産権法制研究センター長)
司会進行:兪 風雷 (天津大学文法学院准教授・知識産権研究センター長)

<進行予定>
13:30  開会の挨拶:橋本 周司 (早稲田大学副総長・理工学術院教授)

13:40  基調講演:「中国知的財産と技術移転の法体系」
           陶 シン良 (同済大学知識産権学院院長)
          (※ シンは、「金」を上に一つ、下に二つ)
      報告1:「国際技術移転について」
           張 乃根 (復旦大学知識産権研究センター長)
      報告2:「上海市における技術移転の奨励政策」
           許 春明 (上海大学知識産権学院副院長)
      報告3:「大学技術移転の影響」
           李 旭 (天津大学文法学院院長)
      報告4:「中国における技術秘密情報の移転」
           黄 武双 (華東政法大学知識産権学院副院長)
      報告5:「技術移転の奨励政策と特許法」
           兪 風雷 (天津大学知識産権研究センター長)

16:55  コメント及び質疑応答:高林 龍

17:20  閉会の挨拶:上村 達男 (早稲田大学法学学術院教授・GCOE総合研究所所長)

18:00〜 懇親会(UniCafe125)  (※参加費4,000円)

【申込方法】
下記WEBサイトよりご登録ください(参加費無料)
http://www.globalcoe-waseda-law-commerce.org/project/activity.php?gid=10096#0319


【関連URL】
・早稲田大学国際産学官連携本部
http://www.waseda.jp/rps/system/international/office_cooperation/index.html
・早稲田大学グローバルCOE知的財産法制研究センター(RCLIP)
http://www.globalcoe-waseda-law-commerce.org/rclip/
・早稲田大学重点領域研究機構知的財産拠点形成研究所(IIIPS-Forum)
http://www.iiips-forum.com/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press