兵庫県立大学大学院が兵庫県立淡路景観園芸学校ならびに阪神園芸株式会社との産学連携協定を締結 -- 阪神百貨店「みどりのコンシェルジュSTATION」の活用や壁面緑化など緑に関する取り組みを推進|The大学Times

兵庫県立大学大学院が兵庫県立淡路景観園芸学校ならびに阪神園芸株式会社との産学連携協定を締結 -- 阪神百貨店「みどりのコンシェルジュSTATION」の活用や壁面緑化など緑に関する取り組みを推進大学通信 2022.3.28

 兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科は、全国初の環境・造園系専門職大学院で、兵庫県立淡路景観園芸学校景観園芸専門課程の発展型として開設された。緑環境による景観形成に関する具体的な知識、理論と技術力をもって、自然と調和した緑豊かな都市や地域を実現していく高度専門職業人を育成している。

 このたびの協定は、今年2月に竣工となった大阪梅田ツインタワーズ・サウスをフィールドに、両校が有する景観や園芸に関する知見と、阪神園芸株式会社が有する緑化基盤施設等の維持管理に関する知見を相互に連携・活用することを目的としたもの。
 今後は、SDGsや生物多様性などの環境テーマに加え、緑を扱う仕事の素晴らしさを発信し、大阪梅田ツインタワーズ・サウスのガーデナーが、ビルのみどり、地域のみどりの質向上や地域活性化に携わる拠点として運用していく。
 現地見学、調印式の概要および協定における同大の役割・事業内容は以下の通り。

◆現地見学、調印式
【日程】3月30日(水)
【現地見学】大阪梅田ツインタワーズ・サウス(大阪市北区梅田1丁目13-13)2階デッキ部 11:00集合
【調印式】ザ・リッツ・カールトン大阪(大阪市北区梅田2丁目5-25)4階ザ・クリスタルルーム 11:30〜
 参加者:協定者、報道各社
 取 材:同行取材、写真撮影可能

◆具体的な兵庫県立大学緑環境景観マネジメント研究科の役割・事業内容
■1. 協定者
 兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科(研究科長:沈悦)
 兵庫県立淡路景観園芸学校(学長:中瀬勲)
 阪神園芸株式会社(本社:兵庫県西宮市、社長:久保田晃司)

■2. 協定における緑環境景観マネジメント研究科の役割
 「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」をフィールドに、以下について実施する。
(1)壁面緑化、屋上緑化など緑の活用に関する学術研究、実証実験
(2)学校教育の場としてのプログラム開発・運営
(3)「みどりのコンシェルジュSTATION」(大阪梅田ツインタワーズ1階)を拠点に、景観園芸学校の取り組み・研究成果に関する情報発信や体験教室
(4)SDGsの推進に関する情報共有と調査・研究

■3. 緑環境景観マネジメント研究科の具体的な取り組み内容
(1)壁面緑化のモニタリング
 阪神園芸株式会社と協働し、大阪梅田ツインタワーズ・サウス低層部(3〜9階)の外壁に設置されたプランター(477基、約700平方メートル)の環境計測や植物の生育状況についてモニタリングしていく。なお、樹種は、生物多様性に配慮し、六甲山系と淀川水系に自生する樹種を選定する他、開花や紅葉など季節に応じた変化を感じられる植物が配置されている。
(2)屋上緑化の活用
 大阪梅田ツインタワーズ・サウス12階のシンボルツリーおよび屋上庭園(屋上緑化全体で約800平方メートル)のモニタリングおよび屋上庭園を活用したプログラム(生き物観察会やガーデナー体験講座)へ参画していく。
(3)「みどりのコンシェルジュSTATION」の運用参画
 大阪梅田ツインタワーズ・サウス1階を東西に貫通する道路に面したスペース「みどりのコンシェルジュSTATION」(ガラス張り)において、植栽施設の魅力や都市緑化の意義、緑環境景観マネジメント研究科の取り組み・研究成果に関する情報を発信していく(2022年4月6日開始)。

※大阪梅田ツインタワー・サウス: https://www.hanshin.co.jp/twin-south/ 
 2022年2月に竣工、3月に全面開業となった、低層階が阪神百貨店、高層階がオフィスで構成される複合商業ビル。なお、阪急百貨店が入っている梅田阪急ビルが改称して「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」となる。

(関連リンク)
●兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科
 https://www.awaji.ac.jp/gs-ldh/summary/

●兵庫県立淡路景観園芸学校
 https://www.awaji.ac.jp/curriculum/cur_gs-ld

●阪神園芸株式会社
 http://www.hanshinengei.co.jp/


▼本件に関する問い合わせ先
淡路景観園芸学校
大藪
住所:淡路市野島常盤954-2
TEL:0799-82-3131
メール:alpha@awaji.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供