[明治大学]明治大学国際総合研究所・東京財団共催国際シンポジウム「日米中ASEANは今何をすべきか 〜アジア太平洋地域の平和と発展に向けて〜」 4月6日(月)、明大駿河台キャンパスで開催|The大学Times

[明治大学]明治大学国際総合研究所・東京財団共催国際シンポジウム「日米中ASEANは今何をすべきか 〜アジア太平洋地域の平和と発展に向けて〜」 4月6日(月)、明大駿河台キャンパスで開催大学通信 2015.3.24

 ダイナミックな構造変化が生じている現在のアジア太平洋地域。激動するこの地域の平和と発展のため、域内諸国には何が求められているのだろうか。福田康夫元内閣総理大臣を基調講演者に、川口順子明治大学特任教授・東京財団名誉研究員をモデレーターとして、アジア太平洋のみならず国際情勢を知り尽くす、日米中ASEANの論客4名をパネリストに迎え、特定の国家間関係にとらわれず、政治、経済、外交、安全保障など幅広い視点から、これからのアジア太平洋地域の未来を論じる。

【国際シンポジウム「日米中ASEANは今何をすべきか 〜アジア太平洋地域の平和と発展に向けて〜」】
・日 時: 4月6日(月)13:00〜17:10 (受付開始:12:30) 
・会 場: 明治大学 駿河台キャンパス グローバルフロント・グローバルホール
       (東京都千代田区神田駿河台1-1)
・主 催: 明治大学国際総合研究所、東京財団
・申込み方法: 下記アドレスのウェブ登録フォームにて、お申込み下さい(取材申し込みは最後尾参照)
  https://krs.bz/tkfd/m/miga_tk_symposium2015

・内 容:
 基調講演  福田康夫 第91代内閣総理大臣
 パネル・プレゼンテーション/パネル・ディスカッション
  <パネリスト>
   田中均 日本総研国際戦略研究所理事長/元外務審議官
   イアン・ブレマー ユーラシア・グループ代表
   朱鋒 南京大学中国南海研究協同創新センター主任/北京大学教授
   ジョージ・ヨー ケリー・ロジスティクス・ネットワーク会長/元シンガポール外務大臣・通商産業大臣
  <モデレーター>
   川口順子 明治大学特任教授/東京財団名誉研究員/元外務大臣・環境大臣

▼本件に関するお問い合わせ先
 明治大学国際総合研究所 
 TEL: 03-3296-3622
 E-mail: migasymposium@miga.jp
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

プレスリリース

フライヤー

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから