東京女子大学が立ち上げた「オンライン就活ゼミ」を拡大 -- 8大学で実施し連携をさらに強化|The大学Times

東京女子大学が立ち上げた「オンライン就活ゼミ」を拡大 -- 8大学で実施し連携をさらに強化大学通信 2022.5.31

 東京女子大学キャリア・センターでは、学生が自分のキャリアを考え、有意義な学生生活を送り、自信をもって卒業していけるよう、従来の方法にとらわれることなく、その時代や学生のニーズに合った支援を進めている。
 昨年4月、コロナ禍により急速に進む就職活動のオンライン化により友人とのつながりが薄れ、他の学生の状況や動きがつかみにくいために孤独や不安を感じる学生をサポートすべく、学習院女子大学、実践女子大学、津田塾大学と4大学で行う就活対策のオンラインゼミを発足。オンラインを活用して学生同士のつながりを作り出し、また大学の枠を超えて他大生ともつながり、学生同士が互いに支えあうピアサポートを目指している。

 ゼミは4月から9月までの半年間にわたって定期的に開催され、ゼミ生はエントリーシートの書き方や面接対策を少人数のグループワークで集中的に学ぶ。前半はそれぞれの大学で講義と練習を行い、基礎的な知識の理解や効果的な発信力を鍛える。後半は他大学と合同で、前半を踏まえたより実践的なトレーニングを実施。同じ大学の学生だけではなく環境の異なる他大学の学生とも協働することで、新たな気付きを得ることができる。
 前年度の参加者からは「当初考えていなかった企業に目を向けてチャレンジでき、本当に就活が楽しくなった」「相談できる仲間ができて、ひとりで抱え込まずに進めることができた」「大学主催という安心感もあり、その後大学に相談しやすくなった」などの感想が寄せられた。

 2年目となる今年度は、もっと多様な意見や考えに接したいという参加者からの意見を受け、8大学(東京女子大学、学習院女子大学、実践女子大学、昭和女子大学、聖心女子大学、津田塾大学、東洋英和女学院大学、和洋女子大学)に拡大して「ヨコのつながり」を強化。また、前年度のゼミ生がサポーターとして加わることで「タテのつながり」も作る。これによってさらに「ナナメのつながり(他大学の先輩)」が新たに生まれ、大学や学年を越えた大きな相互支援サイクルとなることが期待される。

 東京女子大学キャリア・センターは今後も社会の変化に柔軟に対応し、学生一人ひとりを大切にする就職支援に取り組んでいく。

◆実施概要
【スケジュール】
・2022年4月〜6月:各大学におけるグループワーク
 「自己紹介・自己分析」「企業研究・志望動機」「エントリーシート対策」「面接練習」「就活基礎総まとめ」
・2022年7月〜9月:他大学合同実践練習
※スケジュールの詳細は各大学によって異なります
【参加人数】
 500名(全大学合計)
【共 催】
 東京女子大学、学習院女子大学、実践女子大学、昭和女子大学、聖心女子大学、津田塾大学、東洋英和女学院大学、和洋女子大学
【講 師】
 株式会社カタパルト 矢島 慶佑氏
[略歴]
 2005年学習院大学卒業後、三井住友海上に入社。約12年勤務の後、ベンチャー企業へキャリアチェンジ。2022年4月、株式会社カタパルトを創業。
 「地域と若者の可能性を共に切り拓く」ことをミッションとして活動中。
 東京女子大学においても「5女子大学合同グループディスカッションセミナー」「2大学合同実践型グループワークセミナー」など、さまざまな他大学合同イベントの講師を務める。

(関連記事)
・コロナ禍に負けるな、大学初のDX導入合同就活ゼミ開催!東京女子大学が4大学合同就活対策オンラインゼミを発足 -- 大学の枠を超えて仲間と就職活動に取り組む(2021.04.26)
 https://www.u-presscenter.jp/article/post-45771.html


▼本件に関する問い合わせ先
東京女子大学 
広報課
住所:〒167-8585 東京都杉並区善福寺2-6-1
TEL:03-5382-6476
FAX:03-3395-1212
メール:pr@office.twcu.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像