千葉商科大学市川キャンパス内で養蜂の「はちみつ」を使い、学生と地元企業が3種類の商品を開発|The大学Times

千葉商科大学市川キャンパス内で養蜂の「はちみつ」を使い、学生と地元企業が3種類の商品を開発大学通信 2022.5.27

 養蜂事業「国府台bee Garden」を運営するのは、本学に在籍するCUC100ワイン・プロジェクトの学生たち12人。このたびの商品開発は、2022年3月から市川キャンパス内で養蜂事業「国府台bee Garden」を開始し、4月と5月に行われた採蜜で予想をはるかに上回る約69Kgもの蜂蜜に恵まれたこともあり、地元に愛されている店舗との商品開発が実現した。

 また、地元企業とコラボした販売商品、洋菓子のタルト「ミツバチに恋して」、創作料理「豚バラ肉のスペアリブ〜国府台の花とCUCの思いをこめたはちみつを添えて〜」、ハニービール「手児奈姫の午睡」の計3種のほか、はちみつそのものを味わえるよう、はちみつ「国府台 bee Garden(100g瓶入)」も用意した。コラボ商品は、商品開発協力店舗にて販売または飲食が可能。また、はちみつは、オンラインショップで販売が決定している。

 今後は、国府台地域に養蜂事業を広め、地域の人達に興味を持ってもらいたいと考えている。

「CUCブランドのはちみつ商品」販売概要
◆ミツバチに恋して(はちみつタルト)
(創作洋菓子店「モンペリエ」)
【価 格】 1個300円(税込)
【コンセプト】
 国府台の自然のはちみつの香りや味、食感をいかに封じ込めるか、パティシエ苦心の作。学生が養蜂活動に魅せられている姿を''恋して''という言葉に込めた。



◆豚バラ肉のスペアリブ〜国府台の花とCUCの思いをこめたはちみつを添えて〜
(欧風創作料理店「ラ・ドルチェ・ヴィータ」)
【価 格】 1皿1,540円(税込)
【コンセプト】
 同店シェフの母が得意だったスペアリブ料理に、国府台の花々にミツバチが群れ遊ぶ様子と本学が取り組んでいるSDGsへの思いを、はちみつに託して提供する。

◆手児奈姫の午睡(ハニービール)
(クラフトビール醸造所「まるやブルワリー」)
【価 格】 350ml 800円(税込) ※予定
【コンセプト】
 ハチは万葉時代も変わらす市川市真間の地で蜜を集めて飛び回っていたと思われる。そこから「万葉の世の静かな昼下がりのひと時、絶世の美女と謳われた真間の手児奈姫が草花に囲まれ、ウトウトと気持ちの良い午後の眠りにつく。その周りをミツバチが楽しそうに飛んでいる......」とイメージを膨らませ、ほのかに甘く香り高いビールを表現した。

販売開始日
 5月27日〜(はちみつ「国府台 bee Garden(100g瓶入)」)
※「ミツバチに恋して(はちみつタルト)」は6月上旬、「豚バラ肉のスペアリブ〜国府台の花とCUCの思いをこめたはちみつを添えて〜」は6月中旬、ハニービール「手児奈姫の午睡」は10月を予定。

養蜂事業「国府台bee Garden」詳細
・養蜂場所:本学1号館3階北側テラス(設置:2022年3月28日)
・規模:巣箱5箱(5群/約150,000匹)
・種類:セイヨウミツバチ(行動半径2〜3Km)
・蜜源:里見公園、じゅん菜池緑地、江戸川河川緑地
・養蜂指導:NPO法人 銀座ミツバチプロジェクト


▼本件に関する問い合わせ先
千葉商科大学 戦略広報室
住所:千葉県市川市国府台1-3-1
TEL:047-373-9968
FAX:047-373-9969
メール:p-info@cuc.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像