ケアネット、医学生の被災地ボランティア“SUMMER CAMP IN TOHOKU”開催―「近い将来の医師」が地域医療を考える―|The大学Times

ケアネット、医学生の被災地ボランティア“SUMMER CAMP IN TOHOKU”開催―「近い将来の医師」が地域医療を考える―@Press 2011.8.12

 株式会社ケアネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大野 元泰、証券コード:2150)と、株式会社フェーズワン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:稲葉 一元、以下 フェーズワン)は、8月19日(金)〜20日(土)の2日間、“SUMMER CAMP IN TOHOKU”と題して、医学生による被災地医療施設見学およびボランティア企画を共催いたします。

 東北地域の医療施設は、震災の影響により例年にも増して研修医確保の困難が予想されています。今回の企画は、首都圏を中心とした大学の医学生に対して地域医療への関心を深める機会を提供し、ひいては研修先として東北地域を選択肢に入れる医学生増加に寄与することを目的としています。


【企画背景】
 2004年導入された臨床研修制度にて、研修医自身が研修先を選択可能になった影響もあって、研修医が都心部に集中し、地方の医師不足がいっそう進んだといわれています。そして今回の大震災により、被災地区の研修指定病院は研修医確保にいっそうの苦戦が予想されており、医師不足に拍車がかかることが危惧されています。

 そこで当社では被災地支援の一環として、将来の医療の担い手となる医学生と被災地のつながりを作る本企画を開催することと致しました。現地で尽力する医師や仮設住宅に暮らす市民との交流を通して、被災地医療に関心を持つことを期待しています。実施にあたっては、本年4月より業務提携を開始しているフェーズワンとの2社共催とし、学生団体を中心として意識の高い医学生より公募選考いたしました。本企画の模様は、医学生向けサイト「レジデントスタイル」にて配信予定です。


【被災地ボランティア“SUMMER CAMP IN TOHOKU”概要】
日程   : 2011年8月19日(金)〜20日(土) (一泊二日)
参加者  : 首都圏の大学を中心とした医学生10名程度
活動内容 : 被災地域および研修指定病院(宮城県)見学、
       現地医師・研修医との交流会、
       仮設住宅住民の健康相談会サポートボランティアほか
当日の模様: 「レジデントスタイル」
       http://www.residentstyle.tv にて動画公開(9月予定)

 ケアネットが運営する医師・医療従事者向け会員制サイト『CareNet.com』には、医師不足や医師の偏在などに対して、会員から多数の意見や要望が寄せられております。当社は微力ながら問題緩和の一助となるべく、本企画の継続実施および医学生への働きかけ・情報提供を、今後も積極的に行ってまいります。


◆「レジデントスタイル」について◆
(現在リニューアル中、9月オープン予定)

 レジデントスタイルは、初期臨床研修プログラムを比較検討ができる情報が少ないという医学生の声から生まれました。基本プログラムはもとより動画で医局を紹介し、これまでは表に出なかった現場の声を中心とした、初期研修病院選びの情報サイトです。
URL: http://www.residentstyle.tv


◆『CareNet.com』(ケアネット・ドットコム)について◆
 10万人の医師会員を含む、15万人の医療従事者向け臨床医学情報専門サイトです(会員制・無料)。日々の診療に役立つ情報や“臨床力”の向上に役立つ医学・医療コンテンツを提供しています。
 多忙な医師がスピーディーに医薬情報(病態・作用メカニズムなど)を習得できる『eディテーリング(R)』、抗がん剤の適正投与量や副作用の対処法を解説した『実践!化学療法』、その他医療ニュースや各種学会情報、動画インタビューなど、医師・医療従事者の効率的な情報収集を支援するサービスとなっています。
URL: http://www.carenet.com/


【株式会社フェーズワン 会社概要】 http://www.phase-one.co.jp/
◇所在地:〒104-0031 東京都中央区京橋2-17-3 ヨシザワビル4階
◇設立 :2002年5月
◇代表者:代表取締役社長 稲葉 一元


【株式会社ケアネット 会社概要】 http://www.carenet.co.jp
◇所在地 :〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル
◇設立  :1996年7月1日
◇代表者 :代表取締役社長 大野 元泰
◇公開市場:東証マザーズ(証券コード:2150)
◇事業内容:
 <製薬企業向けの医薬営業支援サービス、マーケティング調査サービス>
  ・インターネットによる医薬情報提供システム『eディテーリング(R)』
  ・インターネットによる市場調査システム『eリサーチ(TM)』

 <医師・医療従事者向けの医療コンテンツサービス>
  ・臨床医学情報専門サイト『CareNet.com』(ケアネット・ドットコム)
   http://www.carenet.com
  ・病院向けeラーニングシステム『MALS』 http://www.mymals.com/
  ・開業医向け医療情報・動画サイト『医楽座』
   http://irakuza.carenet.com/
  ・ケアネットTVの人気番組をDVD化した医学映像教材『ケアネットDVD』

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press