成蹊大学 Society 5.0研究所主催 講演会「アバターと未来社会」開催のお知らせ(会場参加・オンデマンド配信)|The大学Times

成蹊大学 Society 5.0研究所主催 講演会「アバターと未来社会」開催のお知らせ(会場参加・オンデマンド配信)大学通信 2022.6.16

本講演では、大阪大学・石黒浩教授をお招きし、これまでのロボット研究や現在取り組むアバター関連プロジェクトについて紹介しながら、そのプロジェクトが実現する未来社会について議論します。
このプロジェクトでは、高齢者や障がい者を含む誰もが、多数のCA(サイバネティック アバター)を用いて、身体的・認知・知覚能力を拡張しながら、常人を超えた能力で様々な活動に自在に参加できるようになり、また、何時でも何処でも仕事や学習ができ、通勤通学は最小限にして、自由な時間が十分に取れるようになるという未来社会の実現を目指しています。概要は以下の通りです。

【開催日時】
2022年6月25日(土)13:00 〜 14:30

【場所・定員】
会場参加(成蹊大学4号館ホール) : 250名 
※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、会場参加が中止の場合は、6月17日(金)までに、Society 5.0研究所ウェブサイトにてご連絡いたします。
https://www.seikei.ac.jp/university/sss/

【申込期間】
2022年6月13日(月)〜6月24日(金) 23:59 

【オンデマンド配信期間】
2022年6月28日(火) 〜 7月31日(日)(予定)
※詳細はイベント開催後、Society 5.0研究所ウェブサイトにてご案内します。
https://www.seikei.ac.jp/university/sss/

【講演内容】※敬称略
講師:石黒 浩
大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻、教授(栄誉教授)
大阪大学先導的学際研究機構共生知能研究センター、センター長
株式会社国際電気通信基礎技術研究所石黒浩特別研究所、客員所長

【お申込(無料)】
以下のURLより申込サイトへアクセスし、氏名・メールアドレス等を登録。
https://www.seikei.ac.jp/university/sss/

【資 格】
どなたでもご参加いただけます。


【主 催】
成蹊大学 Society 5.0研究所


■「Society 5.0」について
サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の新たな社会のことです。狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、5番目のSociety。ロボットやAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット化)といった科学・技術の革新を推し進めるとともに、それを制御して現在と将来の人々にとって幸福なものとなる社会の構築を目指します。

■成蹊大学「Society 5.0研究所」について
2020年4月、その前年に開学70周年を迎えた成蹊大学が三菱創業150周年記念事業委員会からご支援を頂いて、Society 5.0研究所を開設しました。産官学のリーダーや研究者が分野を超えてスクラムを組み、Society 5.0を切り開くべく、以下の3つの柱を立てて、学融合的な研究と人材育成を行っています。
● 学融合的研究
技術進歩の社会的影響や倫理的課題等を学融合的に研究する。
● 連携実践活動
他機関(企業・自治体等)と連携して、社会課題解決に向けた実践的な活動を行う。
● 人材育成活動
大学の講座運営、小中高大用教材開発、小中高教員・民間企業等に向けた研修等を行う。



▼本件に関する問い合わせ先
成蹊学園企画室広報グループ
TEL:0422-37-3517
FAX:0422-37-3704
メール:koho@jim.seikei.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像