梅村学園創立100周年 大学と企業と地域社会を繋げ、大学スポーツの可能性を追求する、中京大学「CHUKYO 6 SPORTS」を始動|The大学Times

梅村学園創立100周年 大学と企業と地域社会を繋げ、大学スポーツの可能性を追求する、中京大学「CHUKYO 6 SPORTS」を始動PR TIMES 2022.6.16



6つのクラブを支援する協賛企業を発表




 学校法人梅村学園中京大学(総長・理事長:梅村清英 以下、中京大学)は、学園創立100周年を契機として、中京大学スポーツのめざす「競技力向上と社会貢献活動」をより一層推進していくためのプロジェクト「CHUKYO 6 SPORTS」を、2022年6月16日(木)始動させます。これにより「強く、そして応援されるクラブ」を育成し、知・体・徳を備えた人間としての人格陶治と中京大学スポーツブランドの再構築を目指します。

 本プロジェクトでは、中京大学が強化スポーツに指定している6競技(野球・サッカー・陸上・水泳・アメリカンフットボール・スケート)を横断的に複数企業がサポートする、産学による全国でも類を見ない取り組みがスタートします。

 【競技能力向上】と【社会貢献活動】の大きな2つのテーマの基に、「学生アスリート支援」、「キャリア支援」、「地域スポーツ振興」、「大学スポーツ資源活用」、「スポーツSDGs」の5つ取組みを行っていきます。

 【競技能力向上】の取組みについては、国内外で活躍できるアスリート育成のための、映像分析や動作解析ソフトを活用した競技サポートやアナリストの養成、スポーツ栄養サポート、デュアルキャリア支援を行って参ります。

 【社会貢献活動】の取組みについては、パートナー企業様と協同し地域の子どもや高齢者を対象とした中京大学子どもスポーツフェスタやイーグルスポーツスクールの開催、本学が有するスポーツ資源(施設、指導者、アスリート)を活用したスポーツイベントの企画・実施を行って参ります。

 中京大学は、大学と企業と地域社会が共につながり、大学スポーツが持つ可能性を、未来へ、全国へと繋げていきます。




【背景・目的】
 スポーツ庁が令和4年3月25日に策定した第3期「スポーツ基本計画」においても、「する」「みる」「ささえる」といった面で大学スポーツ自体の競技振興を図るとともに、大学スポーツによる地域振興を促進し、「感動する大学スポーツ」の実現をめざすことが示されています。
 また、大学スポーツには、選手の更なる技術能力向上、人間としての人格陶冶、地域のスポーツ振興や地域の経済活性化、そして、感動を与えるエンターテインメントといった無限の可能性があります。
 中京大学は、大学スポーツが持つ可能性を、地域・企業・社会とともに大きく発展させ、大学スポーツの未来を価値あるものにするために、CHUKYO 6 SPORTSプロジェクトを創設しました。

【目指す方向性】
・人間力や社会性を持った人材を輩出する育成の場としての役割
・全国制覇や記録更新、世界大会出場など、競技力向上による個人や大学ブランドの強化
・キッズスクールなどスポーツによる地域社会との連携m
・企業や社会との協働から生まれるスポーツビジネスを推進
・大学スポーツを通したSDGs、サスティナブル、テクノロジーなどの新らたなイノベーションの創出
・スポーツに関わる参画人口を増やし、スポーツコミュニティの拠点としての機能強化

■梅村学園創立100周年
梅村学園は、1923 (大正12) 年、学祖・梅村清光が創立した中京商業学校を母体として誕生し、2023 (令和5) 年に創立100周年を迎えます。生徒数わずか350人余りの中京商業学校から始まった本学園は、現在、中京大学・附属高等学校合わせて約1万3千人の学生・生徒が学ぶ男女共学の総合学園に発展しました。約18万人にも及ぶ卒業生は、産業界や教育界など、幅広い分野で活躍しています。

■中京大学出身のオリンピアン




市川 華菜 (陸上競技部コーチ)
主な代表歴:オリンピック (12ロンドン)、世界選手権 (15北京)、
アジア大会 (18ジャカルタ、14仁川)

画像:提供ミズノ

CHUKYO6SPORTS(チュウキョウ シックス スポーツ)のプロジェクトを通して、学生達が、競技者として自分の限界に挑戦し続けること。そして、パートナー企業様との取組みによって大きく成長してくれるのではないかと期待しています。

■6つの強化クラブ

硬式野球



1956年創部。全日本大学選手権優勝、明治神宮大会準優勝を成し遂げ、これまで数多くのプロ野球選手、指導者を輩出してきました。地域や社会に貢献し、多くの皆様に共感していただけるチームを目指します。

サッカー



1959年創部。これまで数多くのプロサッカー選手を輩出し、全日本大学サッカー選手権大会において、関東・関西以外の大学として初めての全国制覇を達成。サッカー選手としてだけでなく、社会で活躍できる人材を育成に取り組んでいます。

陸上競技



1954年創部。これまで30名のオリンピアン、パラリンピアンを輩出し、日本学生陸上競技対校選手権大会においても、女子総合優勝を成し遂げています。今後も学生陸上競技界を大きく盛り上げ、選手の育成を図っていきます。

水泳



1957年創部。これまで13名のオリンピック選手を輩出しています。日本学生選手権において唯一の男女総合優勝を成し遂げており、今後も日本水泳界に貢献できるよう、世界で活躍できる選手の育成を目指します。

アメリカンフットボール



1974年発足。東海学生リーグでの優勝は20度を数え、「アメリカンフットボールを通じて本学の建学の精神で謳われる四大綱を体得する」をチーム理念に、中京大生として関わる全ての人に良い影響を与えられるよう、日々の活動に取り組んでいます。

スケート



1960年に同好会からスタート。これまで13名のオリンピアンを輩出しています。「中京大学から世界へ」をモットーに、これからも高いレベルで切磋琢磨し、スケート界を牽引します。

【ロゴに込められた思い】



 CHUKYOの「C」を中央に配置し、その中に強化指定6クラブを表す「6」を入れたデザイン。サブタイトルの「-Challenge & Connect-」で、この6クラブが新しい取り組みにチャレンジする中で、社会との様々なつながりを創出し、そのつながりを基に新たな取組みにチャレンジを繋げていく、大学スポーツを中心とした好循環を未来へ繋げていくというメッセージが込められています。

■パートナー企業

ミズノ株式会社

代表取締役社長 水野 明人、大阪府大阪市/東京都千代田区



ミズノ株式会社は2016年に中京大学と連携協定を結び、人材育成に取り組んで参りました。906年創業以来「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する」を経営理念に、スポーツ品の製造及び販売、スポーツ施設の運営、各種スクール事業を展開しています。スポーツの価値を活用した商品やサービスを開発し、日常生活にもその価値を積極的に広め、スポーツの力で世界中の人々を幸せにすることに貢献していきます。中京大学の皆さんの充実した日々を引き続き応援いたします。

株式会社ダートフィッシュ・ジャパン
代表取締役社長 小柳 茂樹、東京都千代田区




ダートフィッシュ・ジャパンは、スイスに本部を置く映像分析ソフトウェアの開発・販売企業です。当社は「Capture」、「Analyze」、「Share」これら3つのコンテンツを集約したソフトウェアと、「オンライン映像共有プラットフォーム」、「モバイル端末用分析アプリ」を含む、映像分析のトータルソリューションを提供しています。この、日本をはじめとした世界各国のナショナルチーム、トップアスリートに愛用され続けているダートフィッシュソリューションで学生皆様の競技人生が更に素晴らしいものになるよう、応援をさせて頂きます。

株式会社F&Cホールディングス
代表取締役社長兼CEO 藤巻 秀平、愛知県名古屋市




モータースポーツではSUPER GT、ボクシングでは井上尚弥選手のスポンサーを務めています。両競技に共通するのは、この身ひとつ、技術ひとつで世界と戦おうとすることで、それは自分には出来ない事です。それを、いとも簡単にやってのけてしまう姿は、純粋に「すごいな」と、尊敬します。自分自身、スポーツの試合観戦が好きですし、同じ世界観やフィールドに立つ気持ちをもって、疑似体験をさせてもらえます。これは、スポーツを観て楽しむ醍醐味だと感じます。勝敗や記録樹立に一喜一憂することにスポーツの面白さがありますし、応援している選手の方たちが夢を叶える時、自分の事のように嬉しいものです。選手たちが競技に向き合う姿は、人の生き方にも通ずると思います。このような思いから、サポートをさせていただいています。学生の皆さんにとっては、スポーツの道においてプロを目指したり、就職を決めたりと人生の岐路に立つ日が来ます。その時、「あの時、やっておいて良かった」と思ってもらえるようにサポートできれば嬉しいですし、皆さんが「中京大学にいて、スポーツをやっていた自分がいたから、今の自分がある。」と思ってもらえるフィールドを一緒に作ることができたらと思います。また、当社のようなBtoB 企業は、一般的に分かりにくい事業内容ですが、世の中の様々な場面でお役に立てるよう、社会貢献に努めています。このCHUKYO 6SPORTS を通じて、FUJIMAKI GROUP を知ってもらえることは、とても良い機会だと思っています。

株式会社コプロ・ホールディングス
代表取締役社長 清川 甲介、愛知県名古屋市




株式会社コプロ・ホールディングスは、建設・プラント業界向け技術者派遣を主要事業とし、付加価値の高い技術領域に特化した人財派遣ビジネスを営んでおり、エンジニアの様々な働き方を応援する「エンジニア応援プラットフォーム企業」を目指しています。当社グループは、人こそ財産であるとの認識のもと、人材を“人財”と考え、派遣エンジニアをはじめとした従業員の可能性を広げ、活かしていくことが、より企業の競争力を高め、企業価値を向上させると考えています。人づくりそのものが事業活動の中心にあり、人を通して、お客様や社会に真に寄り添う企業であり続けたいと願っています。CHUKYO 6 SPORTSパートナー企業として、大学スポーツを通じて、未来を担う学生の人間力向上や社会性を持った人財創出のサポートをしていきたいと考えています。

東海東京フィナンシャル・ホールディングス
代表取締役社長 合田 一朗、東京都千代田区




東海東京フィナンシャル・グループは、地域・人を大切にする信念をもって事業に取り組み、当社グループが一丸となってこれまでにない総合金融グループを創り上げ、新たな時代のリーダーとなることを目指しております。スポーツでトップを目指すアスリートの姿は、私たちの励みとなり、応援を通じて地域と当社の絆を強くします。これからもスポーツを通じた地域とのかかわりを大切にし、スポーツ振興の一助となるよう、トップアスリートの正社員雇用を通じた競技活動に専念できる環境づくりのサポート、中京大学と提携し学生アスリートへ奨学金制度を通じた育成支援を行うことで、地域貢献いたします。

株式会社不動産SHOP ナカジツ
代表取締役社長 樗澤 和樹、愛知県岡崎市




不動産SHOPナカジツは、愛知・福岡・千葉・静岡に33店舗展開し、不動産仲介業の他に新築住宅、リフォームなど幅広く手掛け、窓口1つでご相談いただける「ワンストップサービス」を展開する総合不動産会社です。不動産会社として、スポーツを通じて地域・経済の活性化、地方創生、安心・安全で快適な街づくりを推進してまいります。その街に集い、働き、憩う、人々の暮らしや時を豊かにすることで、より良い未来へつないでいくことが私どもの使命だと考え、この度、当プロジェクトへ協賛させていただきます。

名鉄観光サービス株式会社
代表取締役社長 拝郷 寿夫、愛知県名古屋市




名鉄観光サービスは、5つのP、「People」、「Prosperity」、「Planet」、「Peace」、「Partnership」を大切にし、国際社会のパートナーシップの一員として、人間、豊かさ、地球、平和のための目標であるSDGsの実現をめざします。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ