工学院大学が壁フェス Kinetic Wall Festival 2022を開催 新宿アトリウムの動く壁で、学生・中高生がデジタル表現を競うコンペティション|The大学Times

工学院大学が壁フェス Kinetic Wall Festival 2022を開催 新宿アトリウムの動く壁で、学生・中高生がデジタル表現を競うコンペティション大学通信 2022.6.30

 一次予選通過チームにはコンテンツ制作のサポートを目的にインテル(R) Core(TM) プロセッサ搭載PCを貸与*するほか、クリエイティブアドバイザーである株式会社ピクスのエンジニア・クリエイターによるワークショップを行い、最終審査に向けたコンテンツ制作の技術フォローを実施します。12月11日(日)に工学院大学新宿アトリウムで実施される最終審査で最優秀賞、工学院大学賞などを決定します。
*貸与できるPCの台数には限りがございます


<協力企業・主催者コメント>
●株式会社ピクス 常務取締役 松居 秀之 氏
 工学院大学新宿アトリウムの動く壁は、様々な情報を受けて表現へと変換することが可能な壁です。
 動く壁を使って、データをどうビジュアル化し、どういった体験空間を創造できるのか?
 みなさんの新しい感性、アイディアに期待しています。

●工学院大学 副学長 (情報学部情報デザイン学科) 蒲池 みゆき 教授
 壁フェス Kinetic Wall Festival 2022は大学生だけでなく、中学生・高校生のみなさんも参加いただけるイベントです。
 常設では国内初となるキネティックウォールと世の中にあるさまざまなデータを繋げて、アイディアの表現にチャレンジしてみてください。多くの方のご参加をお待ちしています。

<工学院大学新宿アトリウム>
 工学院大学 新宿キャンパス1階に2020年リニューアルした新宿アトリウム。
 高さ12.8m、幅16mの巨大4Kスクリーンに可動キューブがうごめくキネティックウォール(常設 国内初*)を備えた、多目的学園ホールです。映像・音響・照明を組み合わせた多彩な演出表現が可能で、教育、式典、学術利用のほか、音楽、アート活動まで幅広い利用が可能です。
*常設設備として国内初 2022年6月現在

・設計: 西森 陸雄(西森事務所代表、工学院大学 建築学部教授)


工学院大学 壁フェス Kinetic Wall Festival 2022応募要項
■参加希望者向け説明会:
・日程:7月1日(金)17時30分〜18時30分
・会場:工学院大学新宿アトリウム(東京都新宿区西新宿1-24-2)
※参加できない方向けに、後日収録したものをHPで公開します。

■応募テーマ:
 connected_world
 動く壁:キネティックウォールをデータとつなぎ、あらたな世界を描こう


■資格:
(1)工学・情報・ものづくり分野に興味を持つ学生・生徒
  (大学、大学院、短大、高等専門学校、専門学校、中学・高等学校の在学生)
(2)個人またはチーム参加(最大8名迄)
   ※同一個人が複数の作品を応募することは不可


■審査:
・一次予選(応募作品アイディア・書類による選考)
 9月13日(火)16時にホームページで発表
・最終審査(工学院大学 新宿アトリウムでの実演)
 12月11日(日)
※一次予選通過チームには、インテル(R) Core(TM)プロセッサ搭載PCを貸与します。(貸与できるPCの台数には限りがございます)
 作品の実装に向けて、新宿アトリウムでの調整作業やワークショップにご参加いただきます。


■応募方法:
 WEBフォームにて必要事項を入力し、応募してください。
 新宿アトリウム特設サイト:  https://www.kogakuin.ac.jp/atrium/index.html
 応募期間: 8月1日(月)〜8月31日(水)
※表現する内容やイメージを説明するテキストやイメージなどをまとめたPDFデータを添付してください。(書式自由)

■賞金:
 最優秀賞 20万円、工学院大学賞 10万円、奨励賞 5万円 
 その他、企業賞も用意しています。


■協賛:
 インテル株式会社(協力/テクノロジーパートナー)
 株式会社ピクス(協力/クリエイティブアドバイザー)
 工学院大学(主催/コンペティション事務局)

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人 工学院大学 総合企画部広報課
廣田・樋口
住所:〒163-8677 東京都新宿区西新宿1-24-2
TEL:03-3340-1498
メール:gakuen_koho@sc.kogakuin.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像