世界でも歴史あるロボット大会「マイクロマウス関西地区大会」を大阪電気通信大学が共催、全日本TOPランカー多数参加|The大学Times

世界でも歴史あるロボット大会「マイクロマウス関西地区大会」を大阪電気通信大学が共催、全日本TOPランカー多数参加大学通信 2022.7.12

【本件のポイント】
・世界でも歴史のあるロボット大会
・将来の若手技術者の人材育成に貢献
・全日本TOPランカーが多数参加
・高校生から社会人まで幅広い競技大会



【本件の概要】
◆世界で最も歴史のあるロボット大会
マイクロマウス競技とは、参加者自らが作った自立型ロボットが自律的(自分の力だけで)に迷路を探索し、ゴールまでに達する最短時間を競う競技です。1977年にIEEE(米国電気電子学会)が提唱したことに始まり、日本では1980年より「全日本マイクロマウス大会」として毎年開催され、日本で初めての「ロボコン」として40余年全日本大会が開催され続けている、世界でも最も歴史あるロボット大会です。全日本大会には欧米の他アジア地域、シンガポール・台湾・韓国等からも非常に技術レベルの高いロボットが多く参加。今年度から地区大会ポイントランキング制による全日本大会出場権付与が再開されたため、今回の関西地区大会には全日本TOPランカーが多数参加予定で、レベルの高い大会が予想されます。

◆将来の若手技術者の人材育成に貢献
この競技は日本のモノづくりを支える一環として、教育の現場においてマイクロマウスロボットの製作を行っている人が多く、技術の習得、教育、国際親善・連携に役割を果たしており、将来を支えていくための若手人材育成事業として大きな貢献をしています。そのため、高校生から社会人まで幅広く参加していることが特徴です。

◆大阪電気通信大学が共催
関西地区大会は本学が共催し、2022年3月に竣工したばかりの本学「アクティビティホール」で開催します。本学の学生プロジェクト「自由工房」からも多数参加し、全日本大会を目指します。

【関連リンク】
公益財団法人ニューテクノロジー財団
https://www.ntf.or.jp/

マイクロマウス委員会 関西支部
http://mmk.rulez.jp/

昨年度の大会の詳細(第42回全日本マイクロマウス大会)
https://ntf.or.jp/alljapan2021/

大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス
https://www.osakac.ac.jp/institution/campus/neyagawa/

大阪電気通信大学 自由工房
https://www.osakac.ac.jp/special/jiyukobo/




▼本件に関する問い合わせ先
学校法人大阪電気通信大学
法人事務局 広報部 広報課
住所:大阪府寝屋川市初町18−8
TEL:072−824−3325
FAX:072−824−1141
メール:kouhou@osakac.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像