なりたいわたしに天井なんか、ない。武庫川女子大学は今年も「女子の甲子園」を応援しました。|The大学Times

なりたいわたしに天井なんか、ない。武庫川女子大学は今年も「女子の甲子園」を応援しました。大学通信 2022.8.11

全国高校女子硬式野球選手権大会は一昨年まで全試合を丹波市で開催していましたが、昨年、史上初めて決勝戦のみ甲子園球場での開催が実現しました。長年、「男子高校球児の聖地」と目され、かつては女子がベンチに入ることもできなかった甲子園球場で女子高校野球の決勝戦が行われることは歴史的な快挙です。本学は昨年も新聞のメッセージ広告やテレビ中継提供等で甲子園での初開催を応援しました。


昨年のメッセージは、ベンチやグラウンドが遠かった女子高校生の甲子園への長い道のりに照らし、

「女子だから」とあきらめた。
「女子なのに」と驚かれた。
「女子だって」できるとみんなが気づいた、特別な夏。

と、未来への希望を込めました。本学の1年生が女子高校生に扮してバットを構え、青空と土を背景に、さわやかな笑顔で紙面に輝きを添えました。

今年は大会を支援する企業等が増えたことから、本学も大会パートナーに加わり、7月、新聞の特集面で再び応援メッセージを発信しました。昨年と同じ青空と野球をテーマに、女性の活躍にエールを送る内容。モデルも同じ学生が務め、グローブを手に力強くボールを投げ込む瞬間を切り取りました。

メッセージは「なりたいわたしに天井なんか、ない」。

女性の活躍が進む一方で、「ガラスの天井」とも称される見えない上限がいまだにある現実を打ち破るパワーを、太字で画面いっぱいに表しました。また、テレビの生中継番組を提供し、本学のCMを試合中、2度放映して女子の高校球児にエールを送りました。


今年の大会は横浜隼人高校(神奈川県)が開志学園高校(新潟県)を破って全国49校の頂点に立ち、熱戦の幕を閉じています。



▼本件に関する問い合わせ先
武庫川女子大学広報室
住所:兵庫県西宮市池開町6−46
TEL:0798453533
メール:kohos@mukogawa-u.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像