コペルニクス、ガリレイ、ニュートン、デカルト、アインシュタインなど世界を一変させた発見や科学技術の初版本およそ140冊が一堂に特別展示「手稿の中の宇宙 レオナルド・ダ・ヴィンチを旅する」も同時開催|The大学Times

コペルニクス、ガリレイ、ニュートン、デカルト、アインシュタインなど世界を一変させた発見や科学技術の初版本およそ140冊が一堂に特別展示「手稿の中の宇宙 レオナルド・ダ・ヴィンチを旅する」も同時開催大学通信 2022.9.20

金沢工業大学は、コペルニクスやガリレイ、ニュートン、デカルト、アインシュタインなど、世界を一変させた発見や科学技術に関する初版本約140冊を展示する[世界を変えた書物]展金沢展を、令和4年10月21日(金)から11月5日(土)まで、金沢21世紀美術館(金沢市広坂1−2−1)にて開催いたします。入場料は無料です。

金沢工業大学ライブラリーセンターは、西暦1445年頃とされるグーテンベルクによる活版印刷術発明後に出版された科学技術に関する初版本を中心に2000点以上蒐集・所蔵し、年数回、キャンパス内で公開・展示しています。
 [世界を変えた書物]展は、この世界的なコレクションの一端を、中・高校生も含めた市民の皆様に広くご覧いただこうと企画したもので、金沢21世紀美術館での開催は10年振り2回目となります。

これまでに、金沢21世紀美術館(2012年)と名古屋市科学館(2013年)、グランフロント大阪(2015年)、上野の森美術館(2018年)、JR九州ホール(2019年)で開催し、およそ19万人の方々にご覧いただきました。
また、2018年上野の森美術館で開催された東京展は日本科学技術ジャーナリスト会議(JASTJ)が科学技術に関する報道や出版、映像などで優れた成果をあげた人や団体を表彰する科学ジャーナリスト賞2019年大賞を受賞しました。

また、今回は特別展示「手稿の中の宇宙レオナルド・ダ・ヴィンチを旅する」として金沢工業大学が所蔵するレオナルド・ダ・ヴィンチの手稿(レプリカ)も展示いたします。

当書物展の空間デザインは金沢工業大学建築学部の宮下研究室の大学院生・学部生が担当しました。ぜひこれを機会に会場にお越しいただき、偉人達の業績の数々に親しんでいただければ幸いです。


[世界を変えた書物]展金沢展
https://www.kanazawa-it.ac.jp/shomotu/

▼本件に関する問い合わせ先
金沢工業大学 広報課
住所:石川県野々市市扇が丘7-1
TEL:076-246-4784
FAX:076-248-7318
メール:koho@kanazawa-it.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像