第16回「平塚らいてう賞」受賞者を決定 過去最多となる計15件の応募より3件(顕彰2件、奨励1件)を選出|The大学Times

第16回「平塚らいてう賞」受賞者を決定 過去最多となる計15件の応募より3件(顕彰2件、奨励1件)を選出大学通信 2022.9.20

■受賞者 
[顕彰]  婦人国際平和自由連盟(WILPF)日本支部
     研究テーマ:「婦人国際平和自由連盟(WILPF)日本支部の100年の歩み −ジェンダー平等と平和の構築−」

[顕彰]  池上清子氏 (長崎大学大学院 熱帯医学・グローバルヘルス研究科 客員教授)
     研究テーマ:「開発途上国での母子健康手帳を使った母子保健の推進とその評価」

[奨励]  元橋利恵氏 (大阪大学 人間科学研究科 招へい研究員)
     研究テーマ:「日本におけるマザリングの包括的研究」


■選考委員(五十音順)
坂本清恵  〔日本女子大学現代女性キャリア研究所所長〕
差波亜紀子 〔日本女子大学文学部史学科教授〕
篠原聡子  〔選考委員長/日本女子大学学長〕
高野晴代  〔一般社団法人日本女子大学教育文化振興桜楓会理事長、日本女子大学名誉教授〕




■第16回「平塚らいてう賞」贈賞式のご案内


 日本女子大学では、2022年9月20日(火)に第16回「平塚らいてう賞」の受賞者を発表いたしました。第16回「平塚らいてう賞」贈賞式を下記のとおり開催しますので、ご案内申し上げます。


【日 時】2022年10月8日(土)14:00〜16:00 (13:30〜受付)



【場 所】日本女子大学 新泉山館 1階大会議室(目白キャンパス) 〒112−8681 東京都文京区目白台2-8-1 
・JR山手線「目白」駅下車徒歩15分 (目白駅前よりバス5分) 
・東京メトロ有楽町線「護国寺」駅下車徒歩約10分
・東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅下車徒歩約8分

【贈賞式 式次第(予定)】



●開会挨拶 選考委員長/日本女子大学学長 篠原聡子



●今年度講評 日本女子大学現代女性キャリア研究所所長 坂本清恵、日本女子大学文学部史学科教授 差波亜紀子、一般社団法人日本女子大学教育文化振興桜楓会理事長、日本女子大学名誉教授 高野晴代



●第16回平塚らいてう賞 賞状・副賞贈呈  顕彰2件、奨励1件



●受賞者紹介スピーチ 顕彰:婦人国際平和自由連盟(WILPF)日本支部、池上清子氏 奨励:元橋利恵氏



●前回受賞者による講演  特別:差波亜紀子氏 奨励:安野 直氏

【定 員】70名



【お申込み方法】 お名前・ご住所・ご所属・電話番号を明記の上、メールにて、下記の事務局へ9月30日(金)までにお知らせください。ホームページ: https://www.jwu.ac.jp/st/grp/raiteu/




■平塚らいてうについて
 平塚らいてうは、1906(明治39)年に日本女子大学校(現在の日本女子大学)を卒業し、卒業後に発刊した『青鞜』は、日本初の女性だけの手による女性のための文芸雑誌で、女性解放運動の原点となりました。創刊時の「元始、女性は実に太陽であった。」の書き出しは女性解放運動の宣言として知られています。思想家として平和を愛し、女性解放に一生を捧げた女性です。2021年に没後50年を迎えました。

過去の受賞者
 「平塚らいてう賞」ホームページの下記 URL をご覧ください。
受賞者・受賞団体紹介: https://www5.jwu.ac.jp/st/grp/raiteu/prize.html


【日本女子大学について】
 日本女子大学は、日本初の組織的な女子高等教育機関として創立し、昨年120周年を迎えました。私立女子大学唯一の理学部を有し、文理融合の教育環境をもつ女子総合大学です。幼稚園から大学院までの一貫教育、さらに卒業生以外にも門戸を開くリカレント教育など、誰もが生涯を通じて学び、成長し続ける社会を創るための機会を提供しています。多様で非連続に変化する社会において、新しい明日を共に創る人材を育てています。詳しくは、 https://www.jwu.ac.jp をご覧ください。


▼本件に関する問い合わせ先
学校法人 日本女子大学 入学・広報部 広報課
住所: 〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1
TEL:03-5981-3163
メール:raiteu@atlas.jwu.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像