学校法人聖学院が写真・動画を募集する「第3回SDGsコンテスト」を開催 -- 投稿型ソーシャルアクションを通して世界の課題を自分ゴトに|The大学Times

学校法人聖学院が写真・動画を募集する「第3回SDGsコンテスト」を開催 -- 投稿型ソーシャルアクションを通して世界の課題を自分ゴトに大学通信 2022.9.30

 学校法人聖学院は、2018年に中期経営計画である「聖学院ビジョン」を策定した。その際、社会に貢献する人材の育成と「誰一人取り残さない世界の実現」を重要課題として位置づけ、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンに署名・加入した。持続可能な社会の実現に向けた教育環境の充実に取り組んでおり、SDGsコンテストも法人全体の教育活動の一環として行われる。

 2022年度で3回目の開催となる同コンテスト「フォト&ムービー部門」では、「未来に残したいもの」をテーマに写真・動画を募集する。第1回「ワタシが見つけたエコロジー」、第2回「探してみようSDGs」では、SDGsへの関心が高められると共に、社会課題への問題提起につながる作品も多く寄せられた。
第3回では、これらのコンセプトに加え持続可能な社会づくりを重視したテーマを設定。写真・動画の投稿を通して未来への希望を描けるようにとの願いを込めた。
 受賞作品は「エコプロ2022」での展示のほか、聖学院NEWS LETTER 12月号(2022年12月末発行)にて紹介を予定している。
 コンテスト概要は以下の通り。

◆第3回SDGsコンテスト(フォト&ムービー部門)概要
【テーマ】未来に残したいもの
【対象者】在校生・教職員・保護者・卒業生・その他聖学院関係者
【応募作品】
 写真 or 動画(1分以内)+応募コメント
【応募期間】2022年9月1日(木)〜10月10日(月・祝)
【審査日】2022年10月19日(水)
【審査員(フォト&ムービー部門)】
 ・石原 康男(カメラマン)
 ・武本 花奈(カメラマン)
 ・佐藤 慎(聖学院小学校長・広報センター長)
 ・江崎 聡子(聖学院大学准教授・サステイナビリティ推進センター委員)

【評価項目】写真クオリティ、SDGsの視点、独自性
【審査発表】10月下旬、下記ウェブサイトで発表。
 学校法人聖学院ウェブサイト( https://www.seig.ac.jp/ )
【表彰】最優秀賞・優秀賞・佳作・広報センター長賞
【賞品】オリジナルマイボトル、LFCコンポストセット、社会貢献型 QUOカード他
【詳細】 https://www.seig.ac.jp/news/topics/12478/

 なお、今回より、聖学院中高生を対象にした「ソーシャルアクション部門」「英語スピーチ部門」を新設した。概要は以下のウェブページ参照。
【ソーシャルアクション部門】
 https://www.seig.ac.jp/news/topics/12480/ 
【英語スピーチ部門】
 https://www.seig.ac.jp/news/topics/12482/ 

(関連記事)
・学校法人聖学院が12月8〜10日の「エコプロ2021 持続可能な社会の実現に向けて」に出展 -- 地球や社会環境の課題を自分ごと化する一貫教育を紹介(2021.11.26)
 https://www.u-presscenter.jp/article/post-47138.html 
・第2回 聖学院SDGsコンテスト PHOTO & MOVIE 開催〜オンラインでもSDGs「自分ゴト化」を促進〜(2021.09.01)
 https://www.u-presscenter.jp/article/post-46518.html 


▼本件に関する問い合わせ先
学校法人聖学院広報センター
松田・萩野
住所:東京都北区中里2-9-5
TEL:0339178530
メール:pr_h@seigakuin-univ.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像