びわこ成蹊スポーツ大学がスポーツ庁委託事業「大学スポーツ資源を活用した地域振興モデル創出支援事業」に採択|The大学Times

びわこ成蹊スポーツ大学がスポーツ庁委託事業「大学スポーツ資源を活用した地域振興モデル創出支援事業」に採択大学通信 2022.10.28

 「大学スポーツ資源を活用した地域振興モデル創出支援事業」は、大学の有するスポーツ資源(人材、施設、教育・研究・部活動の成果など)を有機複合的に活用し、自治体等の地域の組織・団体とも十分に連携・協力し、地域の課題を解決する取り組みをモデル的に実施するもの。採択された各事業の取り組みを検証・分析し、その成果を全国的に横展開することを目的としている。
 びわこ成蹊スポーツ大学は健康・スポーツ学に関する知見を活用し、子どもから高齢者までの全世代に対し「生涯にわたるスポーツ習慣・文化を地域に根付かせる」ことを目的とした事業を展開。事業を「未就学児〜小学生低学年」「中学生〜成人」「成人〜働き盛り世代・子育て世代〜リタイア後」に分類し、地域と連携しながらスポーツ大学の研究資源や施設環境を活かした取り組みを積極的に推進する。

【未就学児〜小学生低学年】
・運動あそびの促進
・運動能力の神経発達促進
 →キッズプログラムの実施
【中学生〜成人】
・スポーツを<する><みる><ささえる>かかわりにさまざまなアプローチする
 →部活動指導の外部委託など
【成人〜働き盛り世代・子育て世代〜リタイア後】
・運動の習慣化
・健康に年を重ねる
 →公開講座、滋賀レイクスサポーター活動など


▼本件に関する問い合わせ先
総合企画部 企画広報課
住所:滋賀県大津市北比良1204
TEL:077-596-8421
FAX:077-596-8416
メール:koho@bss.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供