青森大学が11月25日に第3回「比較環境思想研究会」を開催 -- 東京大学の羽田正特任教授が「世界史の再構築」をテーマに講義|The大学Times

青森大学が11月25日に第3回「比較環境思想研究会」を開催 -- 東京大学の羽田正特任教授が「世界史の再構築」をテーマに講義大学通信 2022.11.20

 青森大学は、21世紀における地球的規模の課題に対して多方面からの提案が待たれる中、これまで世界各地で展開されてきた環境思想・実践活動などを再検討し新たな思想を探ることを目的として、比較環境思想研究会を設立した。多彩な分野の研究者・実践者を隔月で講師に招き、聴講者と活発な議論を交わすことで議論を深めている。

 11月25日(金)には、第3回を開催。これまでのような、国家や勢力それぞれの歴史を並べただけの世界史ではなく、多くの地域が影響し合いながら形成されていく新しい世界史をどのように構築するかについて考察する。概要は下記の通り。

 なお、第4回の開催として来年1月27日(金)に写真家の大竹英洋氏による「ウィルダネス:アメリカ・ノースウッズでの20年」を予定しているほか、今年12月6日(火)には、第1回の講師を務めた尾崎和彦氏(明治大学名誉教授)による補講「ノルウエーの風土とディープエコロジー」も実施する。

3回比較環境思想研究会「世界史の再構築」
【日 時】 11月25日(金) 16:30〜18:30 (講義と質疑応答それぞれ1時間程度)
【会 場】 青森大学東京キャンパス 205教室 ( https://aomori-u-tokyo.jp/access/ )
・東京都江戸川区清新町2-10-1 (地下鉄東西線「西葛西」駅またはJR京葉線「葛西臨海公園」駅から徒歩15〜20分)
※オンライン配信(ZOOM)あり
【参 加】 誰でも参加可能(無料)。事前申込制。申込期限は11月23日(水)まで。
・e-mail: tseki@aomori-u.ac.jp (関智子・幹事)
※研究会参加の申し込みはe-mailにて、氏名、所属、e-mailアドレス、会場参加あるいはZOOMによるオンライン参加のどちらかについてのご希望をお知らせください。
※参加者は事前に羽田先生の『新しい世界史へ ―地球市民のための構想』(岩波新書、2011)を読んでおいてください。
【講 師】 羽田正氏 (東京大学特任教授・東京カレッジ所長)
〈プロフィール〉
 1953年大阪市生まれ。京都大学、同大学院を経て、パリ第3大学で博士号取得。比較歴史学専攻。東京大学東洋文化研究所教授、同所長、東京大学大学執行役・副学長などを経て現職。著書に『イスラーム世界の創造』(東京大学出版会、2005)、『興亡の世界史 東インド会社とアジアの海』(講談社、2007)、『地域史と世界史』(ミネルヴァ書房、2016)、『グローバル・ヒストリーの可能性』(山川出版社、2017)など。毎日出版文化賞(2002年度)、フランス教育功労章オフィシエ級(2021年)。紫綬褒章(2017年)。
【内 容】
 現代社会は新しい世界史を必要としている。では、それは一体どのようなものだろうか。端的に言えば、地球主義の考え方に基づく地球市民のための世界史である。「地球主義」とは何か。私たちの生活の舞台である地球を大切にし、現在地球上で生じている政治、経済、社会、環境などの様々な問題を地球市民の立場から解決してゆこうとする態度のことである。「世界は一つ」であり人間は同じ地球上で生活をしているのだから、私たちはある国の国民であると同時に、地球社会の一員、すなわち地球市民でもあるということを強く意識するべきなのだ。(『新しい世界史へ―地球市民のための構想』岩波新書より)



《今後の予定》
●補講「ノルウエーの風土とディープエコロジー」
・日時:2022年12月6日(火) 16:30〜18:30
・講師:尾崎和彦氏(明治大学名誉教授)
●第4回「ウィルダネス:アメリカ・ノースウッズでの20年」
・日時:2023年1月27日(金) 16:30〜18:30
・講師:大竹英洋氏(写真家)

【比較環境思想研究会事務局】
・会 長:岡島成行(青森山田学園理事長)
・幹 事:関智子(青森大学総合経営学部教授)
・事務局:ゴビンダ・タマン(青森大学東京キャンパス事務局)

(関連記事)
・青森大学が10月21日に第2回「比較環境思想研究会」を開催 -- 哲学者の加藤尚武氏が「自然の歴史と人間の本性 -- 科学的見方の集約」をテーマに講義(2022.10.17)
 https://www.u-presscenter.jp/article/post-49144.html

・青森大学が「比較環境思想研究会」を設立、今年度は東京キャンパスでの研究会を4回実施予定 -- 環境思想の比較研究の促進を目指す(2022.09.23)
 https://www.u-presscenter.jp/article/post-48965.html

▼研究会に関する問い合せ先
 青森大学東京キャンパス 関智子研究室
 住所:東京都江戸川区清新町 2-10-1
 Tel:03-6261-6399
 e-mail: tseki@aomori-u.ac.jp


▼本件に関する問い合わせ先
広報室
田中滉一郎
住所:青森県青森市幸畑2-3-1
TEL:017-738-2001
FAX:017-738-0143
メール:koho@aomori-u.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像