「令和4年度 横浜スカーフ・アーカイブの保存と活用に関する覚書」の締結 および 横浜輸出スカーフ展示開催のお知らせ|The大学Times

「令和4年度 横浜スカーフ・アーカイブの保存と活用に関する覚書」の締結 および 横浜輸出スカーフ展示開催のお知らせ大学通信 2022.11.18

横浜市では、平成6年に日本輸出スカーフ等製造工業組合から寄贈されたスカーフ資料(現物)約11万点を横浜市歴史博物館に保管しています。この資料は、平成25年度に組織された「横浜スカーフ研究会」が、学識経験者や関係企業の方々のご協力を得て整理し、データベースが作成されています。アーカイブ資料とは、これらのスカーフ資料(現物)とデータベースを合わせたもので、データベースには歴史的に価値のある約3万点のスカーフの図柄の写真が保存され、横浜市歴史博物館で閲覧が可能です(要申請)。



シルクセンター国際貿易観光会館が管理運営するシルク博物館(横浜市中区)は、12月3日(土)より「たのしいかいこの発表会」を開催します。この関連事業としてKGU横浜スカーフ研究プロジェクト(代表:山崎稔惠 関東学院大学教授)の企画による横浜輸出スカーフ展示「Yokohama meets Africa 横浜スカーフにアフリカの風」が実施されます。展示は横浜スカーフ・アーカイブ資料の現物の中から選りすぐりの品々をご紹介するものです。


■横浜輸出スカーフ展示「Yokohama meets Africa 横浜スカーフにアフリカの風」

・開催期間:令和4年12月3日〜令和5年1月15日
・開館時間:9時30分から17時(入館は16時30分まで)
・会場:シルク博物館(横浜市中区山下町1番地 シルクセンター2階)
・入館料:一般500円、シニア(65歳以上)・大学生300円、高校生100円、小・中学生は無料
・休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、12月11日、年末年始(12月28日〜1月4日)
 ※横浜輸出スカーフ展示はシルク博物館展示室でご覧いただけます。また、12月18日(日)は入館無料です。








▼本件に関する問い合わせ先
広報課
住所:横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL:045-786-7049
メール:kouhou@kanto-gakuin.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像