東京家政大学とソラーレ ホテルズ アンド リゾーツが産学連携事業「カラダに美味しい朝食を食べよう!」をチサンホテルズで実施中 -- 栄養学を学ぶ学生がビジネスホテルの朝食に栄養アドバイス|The大学Times

東京家政大学とソラーレ ホテルズ アンド リゾーツが産学連携事業「カラダに美味しい朝食を食べよう!」をチサンホテルズで実施中 -- 栄養学を学ぶ学生がビジネスホテルの朝食に栄養アドバイス大学通信 2022.11.18

 このプロジェクトは、ホテルのサービスを通じて働き盛りの大人の食育にコミットすることを目的として、2022年5月に始動した。新型コロナウイルスの蔓延により、ビジネスマンなども出張先で夜の会食を自粛し、朝食をしっかり食べる人が増えており、これまで以上に免疫力や健康への関心が高まっていることが背景となっている。

 プロジェクトには、栄養学を学ぶ学生27名が参加。健康テーマとして「1.野菜不足が気になる」「2.目の疲れが気になる」「3.身体の冷えが気になる」「4.筋力不足が気になる」「5.スタミナ不足が気になる」「6.血液のドロドロが気になる」「7.タバコの吸いすぎが気になる」「8.骨量が気になる」の8つを設定。企業と連携した意見交換、勉強会(グループワーク)などを重ね、提供する朝食について栄養的観点からコメントを作成した。

 ホテルの利用者は、どのメニューがどの健康テーマにマッチするのかがわかる''栄養POP''を見ながら、その日の体調などに合わせたメニューを選ぶことができる。

(参考)
・「カラダに美味しい朝食を食べよう!」プロジェクトページ
 https://www.solarehotels.com/service/breakfast_chbf.html

・東京家政大学ヒューマンライフ支援センターWebサイト
 https://www.tokyo-kasei.ac.jp/society/hulip/index.html

▼本件に関する問い合わせ先
 東京家政大学ヒューマンライフ支援機構
 ヒューマンライフ支援センター
 TEL: 03-3961-5274
 E-mail: hulip@tokyo-kasei.ac.jp
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像