日本女子大学 現代女性キャリア研究所  12月3日(土)に2022年度シンポジウムを開催 「男性育休のいま -- 育休制度30年を迎えて -- 」|The大学Times

日本女子大学 現代女性キャリア研究所  12月3日(土)に2022年度シンポジウムを開催 「男性育休のいま -- 育休制度30年を迎えて -- 」大学通信 2022.11.17

 本シンポジウムでは、育児休業制度の施行から30年を迎え、さらに男性の育児休業制度が改正されたいま、男性育休に関わる日本及びスウェーデンの実情と日本企業における先進的な取り組み事例を通して、男女がともに育児に参加することの意義や課題、日本社会に何が求められるのかを探っていきます。


【日時】 2022年12月3日(土)10:00〜12:40(9:30〜受付)


【場所】 日本女子大学 成瀬記念講堂(目白キャンパス) 〒112−8681 東京都文京区目白台 2-8-1
    ・JR山手線「目白」駅下車徒歩15分 (目白駅前よりバス5分)
    ・東京メトロ有楽町線「護国寺」駅下車徒歩約10分
    ・東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅下車徒歩約8分
    ※オンラインでも併催します


【プログラム】


 ■ 開会の挨拶 日本女子大学学長 篠原聡子
 
 ■ 趣旨説明 現代女性キャリア研究所所長 坂本清恵
 
 ■ 第一部 講演 10:10〜11:10
 
 「男性の育休:求められる背景と課題」
  法政大学教授 武石恵美子氏
 
 「男性育休先進国スウェーデンの実践的な取り組み」
  大阪大学教授 高橋美恵子氏
 
 ■ 第二部 事例報告・パネルディスカッション 11:10〜12:30
 
 「より誰もが働きやすい環境をつくる『なりキリンママ・パパ研修』等のご紹介」
  キリンホールディングス株式会社 豊福美咲氏
 
 「清水建設における男性育休取得推進への挑戦」
  清水建設株式会社 西岡真帆氏
 
 「パネルディスカッション・質疑応答」
  コーディネーター:法政大学教授 武石恵美子氏  
  パネリスト:大阪大学教授 高橋美恵子氏、キリンホールディングス株式会社 豊福美咲氏、 清水建設株式会社 西岡真帆氏
 
 ■ 閉会の挨拶


【参加費】 無料


【申し込み方法】 メールフォーム( https://forms.office.com/r/JJVBdLeuFm )より申し込み(締切:11月29日火曜日) ※申し込み時に対面とオンラインを選択可能です


【現代女性キャリア研究所について】
 現代女性キャリア研究所は、日本女子大学における女性教育の伝統と理念のもとに、現代の女性と キャリアを取り巻く諸問題を調査研究し、その成果を広く発信して、女性がその能力を発揮できる よう社会に貢献することを目指しています。詳しくは、 https://riwac.jp/ をご覧ください。


【日本女子大学について】
 日本女子大学は、日本初の組織的な女子高等教育機関として創立し、昨年120周年を迎えました。私立女子大学唯一の理学部を有し、文理融合の教育環境をもつ女子総合大学です。幼稚園から大学院までの一貫教育、さらに卒業生以外にも門戸を開くリカレント教育など、誰もが生涯を通じて学び、成長し続ける社会を創るための機会を提供しています。多様で非連続に変化する社会において、新しい明日を共に創る人材を育てています。詳しくは、 https://www.jwu.ac.jp をご覧ください。

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人 日本女子大学 入学・広報部 広報課
住所:〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1
TEL:03-5981-3163
メール:n-pr@atlas.jwu.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像