帝京科学大学で地域連携イベント「まちの上の朝市」を開催|The大学Times

帝京科学大学で地域連携イベント「まちの上の朝市」を開催大学通信 2022.11.22

 「まちの上の朝市」とは、帝京科学大学フィールドミュージアムOPEN AIR LABと地域の方々で組織する団体Local morning market実行委員会(Lmm実行委員会)とが協同で主催する地域連携イベントです。地元の新鮮野菜の販売はもちろん、軽食や雑貨類の販売、学生によるワークショップや研究紹介など、さまざまなブースが並びます。
 昨年度の11月と12月のプレ開催を経て、今年度4月から12月まで毎月1回開催(8月を除く)を行っています。また、開催のない8月には、学生、教職員、地域住民有志メンバーで集まり、キッチンカーの製作ワークショップを行いました。保健所からの許可のもと、制作したキッチンカーは9月以降の朝市で使用しています。
 学生や地元住民など毎回300名前後の方々にご参加いただき、賑わいのある朝市となっています。すでに11月までの開催は終了しており、今年度は12月の開催を残すだけとなっています。

▼次回の開催概要
・日程:12月17日(土)9:00〜12:00
・会場:帝京科学大学 東京西キャンパス 実験研究棟1階 ブリコラ
・備考:新型コロナウイルス感染症の感染状況により、受付で検温などをさせていただく場合があります。ご協力をお願い致します。

▼関連リンク
 まちの上の朝市 Instagramアカウント https://www.instagram.com/machinouenoasaichi/?hl=ja


▼本件に関する問い合わせ先
帝京科学大学 東京西キャンパス フィールドミュージアム OPEN AIR LAB
松本
メール:yu-matsumoto@ntu.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像