【神戸市外国語大学】模擬国連世界大会の参加者より集めた「平和」からイメージする言葉を元にデザインしたオリジナルTシャツを株式会社ユニクロから寄贈いただきます|The大学Times

【神戸市外国語大学】模擬国連世界大会の参加者より集めた「平和」からイメージする言葉を元にデザインしたオリジナルTシャツを株式会社ユニクロから寄贈いただきますPR TIMES 2022.11.23



 神戸市外国語大学がホスト校を務める模擬国連世界大会(National Model United Nations ・ Japan - Kobe)を令和4年11月20日(日曜)から26日(土曜)にて神戸で開催いたします。
 本大会では、世界中で起きているさまざまな国際問題を踏まえ、「平和」に焦点を当てた議題について大学生たちが議論を交わします。本大会での取り組みにご賛同いただきました株式会社ユニクロより、大会に参加する学生から「平和」からイメージする言葉を集め、願いを込めて折られる日本の「折り鶴」をデザインしたオリジナルTシャツを製作いただきました。11月23日(水曜・祝日)に贈呈式にて世界11カ国331人の参加学生に寄贈いただきます。
 また、同日に開催予定のピースフォーラムでは、株式会社ファーストリテイリングの柳井康治グループ上席執行役員にご出席いただき、株式会社ユニクロの平和活動への取り組みの紹介や平和に対するお考えなどを世界各国から集まる学生に向けてお話しいただきます。







1.贈呈式
日 時:11月23日(水曜・祝日)11時45分〜
    ※ピースフォーラム(10時〜11時45分)終了後
場 所:神戸ポートピアホテル(神戸市中央区港島中町6丁目10-1)
出席者:株式会社ファーストリテイリング グループ上席執行役員 柳井 康治様
    事務総長 ヒキタ・キーシャ・ロレーヌ・サントーヨ
    神戸市外国語大学 グローバル教育センター長 山口 治彦

2.模擬国連について
 模擬国連とは、実際の国際連合での会議と同様に、参加者が自分の出身国とは異なる国の代表団としての役割を担い、会議での議論を通じて国際問題への理解を深めるとともに、交渉力や議論の能力、語学力を含む総合的な国際コミュニケーション能力を高めることを目的とした教育活動です。
 模擬国連世界大会(National Model United Nations)は世界各地で行われている模擬国連活動の中で最大規模の大会です。世界各地の大学をホスト校として開催していますが、新型コロナウイルス流行の影響により、2020年の開催が2022年に延期されました。今大会は、6年ぶり神戸での2回目の開催となります。
 今年は、再び神戸市外国語大学がホスト校になり、11月20日(日)から26日(土)まで開催されます。世界中で起きているさまざまな国際問題を踏まえ、Z世代を中心とした世界11カ国の大学生たち331人が「平和」について議論する予定です。


3.模擬国連世界大会特設サイト
URL:https://www.kobe-cufs.ac.jp/about/mun/2022kobe.html


4.模擬国連世界大会スケジュール概要
11月20日 大会参加者向け神戸ツアー
11月21日 広島文化視察(平和記念公園・資料館、被爆者講話聴講)
11月22日 京都文化視察(清水寺、伏見稲荷大社)
11月23日 ピースフォーラム、開会式、セッション@神戸ポートピアホテル
11月24日〜25日 セッション@神戸ポートピアホテル
11月26日 セッション、閉会式@神戸ポートピアホテル(一部、神戸市会本会議場)

参考.株式会社ユニクロのプレスリリース
https://prtimes.jp/a/?f=d99035-20221122-e837ce95284db966bf7258df7f42d7ed.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ