[金沢工業大学]金沢工業大学夢考房小型無人飛行機プロジェクトが「第12回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」自動操縦部門で初優勝|The大学Times

[金沢工業大学]金沢工業大学夢考房小型無人飛行機プロジェクトが「第12回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」自動操縦部門で初優勝大学通信 2016.8.30

・優勝 金沢工業大学チーム 得点4023.5点
・2位 日本大学 得点3282.5点
・3位 鳥取大学 1657.5点

「自動操縦部門」では制限時間4分間で次の8つのミッションに挑戦。
金沢工業大学チームの成績は以下のとおり。

・救援物資輸送(チキンラーメンminiを輸送し、目標地点に投下する) 3個
・ペイロード (指定の消しゴムを搭載する)3個
・タイムトライアル(決められた飛行経路における周回飛行の飛行時間を競う)33秒
・水平旋回 (自動操縦による水平飛行を行う)成功
・水平8の字飛行 (自動操縦による水平8の字飛行を行う)失敗
・上昇旋回 (自動操縦で旋回しながら高度を上げ、上昇した高度で水平旋回を1周行う)成功
・自動滑空 (プロペラ推進力ゼロの状態で、操舵のみ自動で行い滑空飛行を行う)16秒
・自動着陸(自動操縦で自動着地用滑走路内に着陸する)失敗

飛行時間 3分56秒

●リーダー 佐々木拳さん(ササキケン 航空システム工学科2年 北海道出身。20歳)のコメント
優勝できてうれしいです。今回目標としていたすべてのミッションクリアが達成できなくて残念でした。今後は目標達成にむけて頑張りたいです。

▼本件に関する問い合わせ先
 金沢工業大学 広報課
 石川県野々市市扇が丘7−1
 TEL: 076-246-4784
 E-Mail: koho@kanazawa-it.ac.jp
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

「自動操縦部門」で初優勝

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから