NHK「コロンビア白熱教室」放送決定!『選択の科学』著者、盲目の人気女性教授シーナ・アイエンガー出演|The大学Times

NHK「コロンビア白熱教室」放送決定!『選択の科学』著者、盲目の人気女性教授シーナ・アイエンガー出演@Press 2011.11.14

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾 隆弘)発行の『選択の科学――コロンビア大学ビジネススクール特別講義』著者、シーナ・アイエンガーが出演する「コロンビア白熱教室」が、NHKで放送されることが決定しました。
放送は、NHK Eテレで2011年11月27日(日)より、毎週日曜日18時から5週連続、再放送は土曜日の24時20分からです。
放送では、コロンビア大学ビジネススクールにおけるアイエンガーの、ビジネスの発想のヒントにもなる、知的興奮に溢れる講義が繰り広げられます。


■シーナ・アイエンガーについて
アイエンガーは、20年にわたって「選択」をテーマにして、さまざまな実験や調査、研究をおこなってきました。
アイエンガーの両親はインドのデリーからの移民で、シーク教徒です。両親がアメリカに移住したのち、カナダのトロントでアイエンガーは生まれました。3歳の時に眼の疾患を診断され、高校にあがるころに全盲になりました。
家庭ではシーク教の厳格な教えが反映され、着るものから結婚相手まで、両親がすべて宗教や慣習で決めるのを見て育ちました。しかし、アメリカの公立学校で、「選択」こそアメリカの力であることを繰り返し教えられ、大学に進学してからは「選択」を研究のテーマに選びました。
スタンフォード大学では社会心理学の博士号を取得し、現在はニューヨークのコロンビア大学でビジネススクールの教授を務めています。


■『選択の科学』の内容
・社長の平均寿命は、従業員の平均寿命よりも長い。その理由は、裁量権つまり選択権の大きさにある。
・動物園の動物の寿命が、野生の動物よりはるかに短いのは、「選択」することができないからだ。
・しかし、何もかもが決められている原理主義的な宗教に属する人ほど鬱病の割合は少ない。
・わが子の延命措置をするか否かの究極的選択。判断を親がするより、医者に委ねたほうが、後悔は少ない。
・「ジャムの法則」では、スーパーマーケットの売場に24種類のジャムを並べたときと、6種類のジャムを並べたときでは、売上げは、6種類のときの方が10倍になった。スーパーで品揃えを豊富にすると、売上げは逆に下がる。
・人は他人と同じに見られたくないため、あえて、不利益な選択をしてしまう。

ビジネスの場面や実生活でヒントになる、実証的研究による「選択」に関する意外な事実が満載です。

【書籍概要】
書名   : 選択の科学――コロンビア大学ビジネススクール特別講義
著者   : シーナ・アイエンガー
訳者   : 櫻井 祐子
定価   : 1,700円(税込)
体裁   : 四六判上製カバー装
総頁   : 384頁
ISBNコード: 978-4-16-373350-0
URL    : http://bunshun.jp/pick-up/sentaku-kagaku/


【会社概要】
社名   : 株式会社文藝春秋
資本金  : 1億4,400万円
代表者  : 代表取締役社長 平尾 隆弘
業務内容 : 雑誌・書籍の刊行
所在地  : 〒102-8008 東京都千代田区紀尾井町3-23
電話   : 03-3265-1211
URL    : http://www.bunshun.co.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

■参考画像

選択の科学

シーナ・アイエンガー