[昭和大学]昭和大学医学・医療振興財団が平成28年度昭和上條医療賞授賞式を開催|The大学Times

[昭和大学]昭和大学医学・医療振興財団が平成28年度昭和上條医療賞授賞式を開催大学通信 2016.12.22

 昭和大学医学・医療振興財団は、国民の健康増進と医学・医療の発展に貢献するために設立された公益財団法人。その主要事業の一つとして顕彰事業「昭和上條医療賞」を平成26年度に創設し、地域医療において創造的で先駆的な活動を行い大きな成果をあげた人や団体を表彰している。
 今年度の受賞者は、医療人育成部門1人と地域保健医療貢献部門2人の計3人。

[第3回「昭和上條医療賞」(平成28年度顕彰事業)受賞者]
○医療人育成部門
 狭間 研至(一般社団法人 日本在宅薬学会 理事長)
 「超高齢化社会における薬局・薬剤師活用に向けた生涯研修システムの構築」

○地域保健医療貢献部門
 うすき石仏ねっと運営協議会
 代表 舛友 一洋 (大分県臼杵市医師会医療福祉統合センター センター長)
 「ICTを利用し、地域住民、患者が安心して日常生活を過ごすために必要な患者本位の医療・福祉サービスの基礎づくりを目指す」

 野島 あけみ(在宅療養支援 楓の風グループ 副代表)
 「最後まで地域で生きる社会づくりを目指した訪問看護事業の実践」

※関連リンク:公益財団法人 昭和大学医学・医療振興財団
  http://showa-mf.jp/

▼本件に関する問い合わせ先
 公益財団法人 昭和大学医学・医療振興財団
 TEL: 03-3783-6731

▼本件リリース元
 学校法人 昭和大学
 総務部 総務課(広報担当)
 TEL: 03-3784-8059 (直通)
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

(写真1) 狭間研至氏(一般社団法人 日本在宅薬学会 理事長=写真左)と山元俊憲・公益財団法人昭和大学医学・医療振興財団理事長

(写真2) 舛友一洋氏(大分県臼杵市医師会医療福祉統合センター センター長=写真左)と山元俊憲理事長

(写真3) 野島あけみ氏(在宅療養支援 楓の風グループ 副代表=写真左)と山元俊憲理事長