[学校法人聖学院]8月12〜14日開催の第3回「えいご村キャンプ」に学校法人聖学院が協力 -- 「英語耳・口」を作り、さらに「英語で日本文化を発信できる」を目指す|The大学Times

[学校法人聖学院]8月12〜14日開催の第3回「えいご村キャンプ」に学校法人聖学院が協力 -- 「英語耳・口」を作り、さらに「英語で日本文化を発信できる」を目指す大学通信 2017.3.31

 「えいご村を作ろう!プロジェクト」は「埼玉県に英語村を作ろう」と考えた有志がボランティアで集まり勉強会を重ねてきたもので、2014年12月に社会的な活動の展開としてスタート。「えいご村キャンプ」で得られた経験を生かして、廃校を利用して作る「えいご村」の企画も進めている。

 今回の「えいご村キャンプ」は、2020年の東京オリンピック開催を見据え、世界共通語の英語でコミュニケーションを取り、日本の文化を世界に発信できるようになることを目的として、主に高校生を対象として企画。日本人と欧米人の「耳」「口」の違いに注目し、合宿形式により「英語耳」を作ることで、「英語でのコミュニケーション」を実現していく。
 同キャンプではIMAIメソッド(※)を中心にプログラムを組み、参加者は「英語耳」を作るさまざまなアクティビティを体験していく。
(※)IMAIメソッド:IAMI(私が私である事)がコミュニケーションの基本であると考え、脳・心・身体を三位一体として働かせ、脳神経生理学的アプローチでコミュニケーション力をつける教育法。

 また、実施に向けて、参加を希望する高校生向けの準備クラスも5月13日(土)に開催する。「えいご村キャンプ2017」の概要は下記の通り。

◆「えいご村キャンプ2017」概要
【開催日時】
 8月12日(土)〜8月14日(月)
 ・集合: 12日 10:30
 ・解散: 14日 15:00(予定)
【会 場】 国立女性教育会館(埼玉県比企郡嵐山町菅谷728)
【対 象】 年齢、性別、国籍を問わず(小学5年以上)
【定 員】 70名
【参加費】
 ・一般: 25,000円
 ・留学生: 5,000円(昼食・飲物代別)
【主 催】 えいご村を作ろう!プロジェクト
【協 力】
 聖学院広報センター、第一学院高等学校・クラーク記念国際高等学校さいたまキャンパス・与野学院日本語学校・NPO法人IMAI研究所
【ホームページ】 http://eigomurasa.jimdo.com/
【プログラム】
・英語耳を作ろう(解説・実践)
・英語で日本文化のアクティブワーク
(浴衣着付け、茶道、琴演奏、英語で恋ダンス)
・英語でプレゼンテーション
【申 込】 上記ホームページ申込フォームより申込下さい
【お問合せ】
 事務局(聖学院広報センター)
 TEL: 03-3917-8530

(関連記事)
・8月15〜17日開催の第2回「えいご村キャンプ」に学校法人聖学院が協力 -- 主催:NPO法人マナビバ「えいご村を作ろう!プロジェクト」(2016/07/08)
 https://www.u-presscenter.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=9819

▼本件に関する取材問い合わせ先
 えいご村プロジェクト事務局(聖学院大学 広報センター内)
 担当:栗原 
 TEL(ダイヤルイン): 048-780-1707
 E-mail: pru@seig.ac.jp
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像