[中央大学]中央大学が4月から「グローバル・ソシオロジー・プログラム」を開講 -- 国際社会に対する問題意識を常に持ち、国境を跨いで活躍できる人材を育成|The大学Times

[中央大学]中央大学が4月から「グローバル・ソシオロジー・プログラム」を開講 -- 国際社会に対する問題意識を常に持ち、国境を跨いで活躍できる人材を育成大学通信 2017.4.13

 このたび開講する「グローバル・ソシオロジー・プログラム」では、日本社会のみならず、国際社会に対する問題意識を常に持ち、その解決のために誰とでもコミュニケートする力を備え、国境を跨いで活躍できる人材を育成する。

 前期科目「特別教養(3)(グローバル・マインド)」の中では、留学生と1対1で30分の会話を8回実施。英語をメインとしたコミュニケーションに対する自信をつける。
 後期科目「特別教養(4)(クロス・ボーダー社会学)」では、社会学の調査方法を用いて、環境問題や貧困、格差など世界で起こっている問題を扱う。
 さらに、前期、後期の授業を踏まえ、海外の大学で、調査内容について英語でのグループプレゼンテーションを実施する。同プログラムの概要は下記の通り。

◆「グローバル・ソシオロジー・プログラム」2017年度科目内容
【科目名】
・特別教養(3):グローバル・マインド(前期)
・特別教養(4):クロス・ボーダー社会学(後期)
【担当教員】 野宮 大志郎(文学部教授)
【曜 日】 水曜日2限(11:00〜12:30)
【対 象】
 法学部、経済学部、文学部、総合政策学部 1〜4年生

▼本件に関する問い合わせ先
 中央大学文学部事務室
 TEL: 042-674-3717
 Email: gsp@tamajs.chuo-u.ac.jp

▼取材に関する問い合わせ先
 中央大学広報室
 TEL: 042-674-2050
 Email: kk@tamajs.chuo-u.ac.jp
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供