[創価大学]八王子市とJICA(国際協力機構)の国際事業に創価大学が協力 -- ミクロネシアでのごみ問題改善へ教員・学生を派遣|The大学Times

[創価大学]八王子市とJICA(国際協力機構)の国際事業に創価大学が協力 -- ミクロネシアでのごみ問題改善へ教員・学生を派遣大学通信 2017.8.31

 本事業は、人口50万人以上の都市で1人あたりのごみ排出量が全国最小だった(2015年度)八王子市のごみ減量のノウハウを生かし、大量のごみが家の外や海に放置されるなどの課題を抱える太平洋の島国・ミクロネシア連邦での状況改善にあたるもの。
 
 2018年度〜19年度の間、3回にわたって環境経済学・軽量経済学が専門の同大経済学部・碓井健寛准教授および学生が市の職員らと現地へ行き、住民への聞き取り調査や統計分析と解析を行い、リデュースやリユースによるごみ減量の普及・啓発活動に取り組む予定である。

 実施に伴い、8月28日に八王子市役所で共同記者会見が開かれ、事業委託契約が締結された。
 会見では八王子市の石森孝志市長が「八王子市のごみ減量のノウハウを生かすとともに語学力を有した学生が多い創価大学と協働し、ミクロネシアでの課題解決に努めてまいりたい」と挨拶。
 続いて、JICA東京国際センターの木野本浩之所長は「現地の事情に即したごみ処理の仕組みをつくるためにも学術的な観点が必要である」と述べ、八王子市と創価大学が連携した取り組みに期待を寄せた。
 また、創価大学の馬場善久学長は「文部科学省のスーパーグローバル大学創成支援に採択されている大学として、本事業を通して世界市民を育成するとともに、世界各地および八王子市に貢献する有為な人材を輩出していきたい」と語った。

▼本件に関する問い合わせ先
 創価大学 企画部企画広報課
 TEL: 042-691-9442
 E-mail: publicrelation@soka.ac.jp
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

左から木野本所長、石森市長、馬場学長