[愛知工業大学]愛知工業大学が八草キャンパスに「応用化学科 バイオ環境化学実験棟」を建設 -- 10月2日にテープカット式典・建物内覧を開催|The大学Times

[愛知工業大学]愛知工業大学が八草キャンパスに「応用化学科 バイオ環境化学実験棟」を建設 -- 10月2日にテープカット式典・建物内覧を開催大学通信 2017.9.26

 「応用化学科 バイオ環境化学実験棟」の完成にともない、テープカット式典および建物内覧を以下のとおり実施する。

◆応用化学科 バイオ環境化学実験棟 テープカット式典実施概要
【日 時】 平成29年10月2日(月) 午前10時〜10時30分
【会 場】
 愛知工業大学 八草キャンパス 応用化学科バイオ環境化学実験棟
 (愛知県豊田市八草町八千草1247)
【出席者】 法人本部関係者、大学関係者、施工関係者 ほか、約50名を予定
【式次第】
1.テープカット
2.学校法人名古屋電気学園 後藤泰之理事長 挨拶
3.建物内覧

○バイオ環境化学実験棟の完成により今後期待される研究例
・応用化学科・北出幸夫教授「ゲノム創薬化学研究室」
 がんの増殖を抑制する「マイクロRNA(リボ核酸)」による治療薬の開発を目指す。抗体医薬品よりも製造コストが抑えられ、さらに配列を変えればほかのさまざまな病気に応用が可能となるRNA創薬の研究は注目を集めている。

▼報道に関する問い合わせ先
 総務部広報課
 TEL: 0565-48-8177

▼施設に関する問い合わせ先
 応用化学科・手嶋、北出
 TEL: 0565-48-8121
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供