[横浜市立大学]南三陸町での被災地復興フィールドワークを通じて、学生が「超高齢化社会」におけるまちづくりを提案 -- 横浜市立大学|The大学Times

[横浜市立大学]南三陸町での被災地復興フィールドワークを通じて、学生が「超高齢化社会」におけるまちづくりを提案 -- 横浜市立大学大学通信 2017.10.3

 学生たちは、9月7日(木)〜12 日(火)の6日間を南三陸町で過ごし、3班に分かれてそれぞれ違う視点で被災地における地域課題解決の方策を探った。当日は学生が班ごとに成果報告を行い、同大教員により講評・審査を行う。

<概要>
日時: 平成29年10月6日(金)14:30〜16:00
場所: 金沢八景キャンパス 文科系研究棟1F 大会議室

<プログラム>(予定)
・14:30 地域まちづくり実習 概要説明・全体報告(15分)  担当教員: 石川永子
・14:45 成果報告(60分)
 福祉モール班1「庭から始まる新たな人生」
 福祉モール班2「志津川 ささえあいプラン」
 中心市街地活性化班「南三共育〜循環から学ぶ南三陸〜」
・15:45 まとめ 担当教員: 三輪律江(5分)
・15:50 表彰、全体講評、閉会あいさつ

▼問い合わせ先
 研究推進部 研究基盤課
 竹内 紀充
 TEL: 045-787-2019
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

横浜市大記者発表資料(地域まちづくり実習)

横浜市大記者発表資料(地域まちづくり実習)