[近畿大学]近畿大学WEBサイト全面リニューアル 「KINDAIカスタム検索」で大学サイトのあり方に一石を投じる|The大学Times

[近畿大学]近畿大学WEBサイト全面リニューアル 「KINDAIカスタム検索」で大学サイトのあり方に一石を投じる大学通信 2017.10.3

【本件のポイント】
●独自のサイト内検索で10万ページを超える情報からユーザーが求める情報へ導く
●大学らしからぬ思い切ったデザインと操作性で、近畿大学の「個性」を表現
●多様なステークホルダーをもつ大学サイトのあり方に一石を投じる

【本件の概要】
 近畿大学WEBサイト(公式サイトおよび学部サイト)は、平成24年(2012年)以来5年ぶりとなる全面リニューアルを進めており、最終的には2018年度末の完了を予定している。今回はその第一弾として、公式サイトTOPページをはじめとする上層部分について公開した。
 リニューアルに当たっては、情報の整理、独自のサイト内検索、情報発信の強化、業務効率化、デザインの統一などを意識しており、特に、多様なユーザーに対して各々が求める情報を適切に提供することを重要視し、「Googleカスタム検索*」を独自に設定した「KINDAIカスタム検索」を設置し、ユーザーの求める情報へダイレクトにアクセスできるようにした。
 本サイト公開後も、ユーザーの動きを注視、検証しつつ、下層ページや学部サイトの改修を進める。
*Googleが提供しているウェブ全体や複数サイトを対象にした検索エンジンを作成するツール

■URL: https://www.kindai.ac.jp/
■公開日: 平成29年(2017年)10月1日(日)

【本件の背景】
 受験生、在学生、保護者、教職員、研究者など、多様なユーザーを要する大学のWEBサイトがどうあるべきか。これは14学部48学科、志願者数19万人以上、学生・生徒等在籍者数が53,000人以上(附属学校を含む)を擁する近畿大学のみならず、多くの大学が直面している課題である。特に近年は発信する情報は増加傾向にあることから、現時点で近畿大学WEBサイトは10万ページを超え、その中からユーザーが求める情報を適切に提供することはますます困難になっている。
 この問題を解決するため、「Googleカスタム検索」を独自に設定した「KINDAIカスタム検索」を設置し、ユーザーの求める情報へダイレクトにアクセスできるようにした。また、従来のナビゲーションもシンプルに整理し、直感的な操作で求める情報を見つけることができるようになった。
 今回のリニューアルにおいては、従来の大学サイトとは一線を画する工夫を盛り込んでおり、多様なステークホルダーをもつ大学サイトのあり方に一石を投じるインパクトがあるものと考えている。

【本サイトの特徴】
「KINDAIカスタム検索」
 Googleのサイト内検索サービス「Googleカスタム検索」を近大仕様に各種設定。日々の検索状況をGoogleアナリティクスで検索ワード&検索結果のトレンドを分析し、ユーザーが求める情報はもちろんの事、年間474本のニュースリリースを中心とする多くの話題など、大学が伝えたい情報を検索結果上位に表示させる仕組みを実装した。また、通常のサイト内検索結果とは別に、同検索ワードを含むニュースリリースを表示するためのリンクボタンを設置。情報発信力を強化した。

無駄をそぎ落としたシンプルなデザインとナビゲーション
 多様なユーザーに対応するため、「KINDAIカスタム検索」を、いつでも、どこからでも求める情報へアクセス可能な「ナビゲーション」として捉えることで、大量の情報を格納している大学サイトの新しいナビゲーションのスタイルを提案。
 その分、従来のナビゲーションのターゲットは、受験生、一般の方などを対象とするコンテンツに絞り込み、在学生、教職員、卒業生など繰り返し利用するユーザー向けのコンテンツはフッターのメニューに収納した。

NEWS/PR
 ニュースリリースをはじめとする大学の情報発信を「NEWS/PR」ページに集約。ニュースリリースポータルサイト「News2u.net」と連携し、WEBに最適化され、拡散され易い同サイトを通じて、年間474本に及ぶニュースリリース情報を発信する。

印象的なキービジュアルとタイポグラフィ
 キービジュアルとなる映像は各キャンパスの特徴、人混み、学生「個」の強さ、意識の高さをキーワードにタイムラプスやハイパーラプス、ズームイン・アウト、ドローン撮影などさまざまな演出効果を使用。シンプルなデザインとは対照的に、ビジュアルにより、近畿大学の「個性」を表現している。
 また、「近畿大学の持つ力強さ、情報発信力」を訪問者へ伝えるためにタイポグラフィでのコミュニケーションを強化した。

学部サイトUI統一
 2017年10月下旬公開予定の医学部を皮切りに、各学部サイト(14学部と短期大学部)を順次リニューアル。UI(User Interface/入力や表示方法などの仕組み)を統一し、一目で近畿大学のサイトであると分かるようにする。(2018年度中に全学部完了予定)これにより、学部毎に企画検討が必要であったリニューアルにかかる業務負担やコストの軽減も期待できる。

学部サイトとのCMS連携
 公式サイトと各学部サイトCMS(Contents Management System/Webサイトの記事を管理・更新するシステム。主に新着情報など更新頻度が高い部分に実装)を連携。各学部に関するメディア掲載情報やニュースリリースを一回の作業でそれぞれのCMSに掲載し、更新作業の効率化と即時公開を実現する(各学部サイトのリニューアル時に実装)。

【株式会社エイド・ディーシーシー】
■商  号: AID-DCC Inc.
■所在地: 大阪市中央区南久宝寺町4-5-17 アップウェル船場7F
■代表者: 代表取締役 富永 幸宏
■事業内容: 広告プロモーション全般の企画・制作
■設  立: 平成16年(2004年)12月3日(創業 平成12年(2000年)4月3日)
■従業員数: 33名(平成29年(2017年)9月28日現在)

関連URL: https://www.kindai.ac.jp/

▼本件に関する問い合わせ先
 近畿大学 総務部広報室
 TEL: 06-4307-3007
 FAX: 06-6727-5288
大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

リニューアル後の公式サイトTOPページイメージ

リニューアル後の公式サイトTOPページイメージ