明治大学 佐藤ゼミの学生が、熊本を現地調査した成果を公開講座で発表「熊本の世界遺産と観光」〜震災から1年、熊本の観光状況を考える〜11月18日(土)、中野キャンパスで開催|The大学Times

明治大学 佐藤ゼミの学生が、熊本を現地調査した成果を公開講座で発表「熊本の世界遺産と観光」〜震災から1年、熊本の観光状況を考える〜11月18日(土)、中野キャンパスで開催@Press 2017.10.30

明治大学の生涯学習機関「明治大学リバティアカデミー」は、11月18日(土)に、公開講座「熊本の世界遺産とその魅力」を熊本県市長会と連携をし、中野キャンパスで開催いたします。

2015年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録され、熊本県には、宇城市にある三角西港、荒尾市にある万田坑の二つがあります。さらには、「天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が、世界文化遺産の候補となっています。
今回の公開講座では、基調講演の他、ゼミナール活動として熊本を現地調査した佐藤ゼミ(明治大学国際日本学部)の学生の発表の場ともなるパネルディスカッションを行います。「熊本の世界遺産と観光」と題し、震災から1年が経過した今、熊本県の観光の現状を、公開講座をとおして皆で考えることができたらと思っています。
明治大学は社会連携活動を通して、学生の社会での自立性向上を支援するとともに、地域社会に開かれた大学を目指し、生涯学習に力をいれております。

明治大学×熊本県市長会連携講座「熊本の世界遺産とその魅力」
コーディネータ 佐藤 郁 (明治大学国際日本学部専任講師)
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/141831/table_141831_1.jpg




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press