芝浦工業大学・早稲田大学--大学対抗のゼロエネルギー住宅実証建築コンペにて「郊外で住み継ぐ『リデザイン』住居」を提案〜深刻化する空き家問題に対し、フレキシブルな断熱改修を実現〜|The大学Times

芝浦工業大学・早稲田大学--大学対抗のゼロエネルギー住宅実証建築コンペにて「郊外で住み継ぐ『リデザイン』住居」を提案〜深刻化する空き家問題に対し、フレキシブルな断熱改修を実現〜大学通信 2017.11.30

全国に住み手のいなくなった空き家は232万戸あると言われている。そこで本チームでは、1970年代に多く建てられた工業化住宅をリデザインし、既存の構造体を残しつつ高断熱壁の配置や設備の導入・運用に一工夫加えることで、ゼロエネルギーを達成し、今後も長く住み継げる住宅にすることを目指している。

■エネマネハウス2017 開催概要  https://www.enemanehouse.jp/
【日時】 2017122日(土)〜17日(日)
       一般公開時間 10:00〜16:30 ※12月2日、16日は13:30〜16:30、17日は10:00〜14:00
【場所】  大阪市うめきたサザンパークうめきた2B区域
【参加校】 早稲田大学・芝浦工業大学、近畿大学、首都大学東京、京都大学、武庫川女子大学大学院


(*)早稲田大学・芝浦工業大学コンソーシアム:芝浦工業大学建築学部建築学科、芝浦工業大学ゼロエネルギー建築研究センター、早稲田大学創造理工学部建築学科、早稲田大学先進理工学研究科電気・情報生命専攻先進電気エネルギーシステム研究室、早稲田大学理工学術院総合研究所、早稲田大学スマート社会技術融合研究機構、旭化成ホームズ株式会社、レビ設計室、株式会社池原靖史建築設計事務所、パナソニック株式会社、一般社団法人日本WOOD.ALC協会、三協立山株式会社、株式会社ニチベイ、旭硝子株式会社、株式会社インクス、株式会社フルハウス・イグゼ、株式会社すまエコ、株式会社長府製作所、三和シヤッター工業株式会社、旭化成建材株式会社、オスモ&エーデル株式会社、トリスミ集成材株式会社JXTGエネルギー株式会社、大倉工業株式会社、旭ファイバーグラス株式会社


■建築のポイント
<既存壁を残し、高断熱壁を縫うように配置>
既存平面にとらわれない自由なプランニング、従来の断熱改修では成しえない既存の面影を残した大開口の外観を実現。既存壁と新設壁の間は緩衝空間の「ロッジア」となり、自然エネルギーを取り込みながら温熱環境・光環境の調整を可能に。

<市販の設備を一工夫加えて導入>
壁掛け用エアコンと潜熱蓄熱材を用いた床下チャンバー空調や、集熱併用給湯システムなど、普及性のある市販の設備を少し工夫して用いることにより、省エネ性・快適性の向上を目指す。

■「エネマネハウス」とは
先進的な技術や新たな住まい方を提案するZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス/年間での一次エネルギー消費量が_正味ゼロの住宅)のモデル住宅を、学生が主体となって協力企業とともに実際に建築・実証するプロジェクト。芝浦工業大学、早稲田大学共に3回連続の出場。
BIMを用いた設計・デザイン、温熱環境シミュレーション、温湿度や使用エネルギーの実証・測定のほか、家具のリノベーションなどに、前回最優秀賞を共に獲得した早稲田大学との2校からなる大会初の合同チームで取り組んでいる。

本チームの1人、荒木菜那さん(芝浦工業大学建設工学専攻 修士1年)は、「初めての合同チームということで、同じ環境シミュレーションを学んでいても全く別のソフトを使っているなど学ぶことが多かったです。さまざまな意見を伺う貴重な機会となりました」と話した。









▼本件に関する問い合わせ先
経営企画部 企画広報課
鮫島
住所:〒108-8548 東京都江東区芝浦3-9-14
TEL:03‐6722‐2900
FAX:03‐6722‐2901
メール:koho@ow.shibaura-it.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

set3_pka4mg7d2y8g6.jpg

建築のポイント.jpg

素材1.jpeg

素材2.jpg

3.jpeg

4.jpg

5.jpg

6.JPG

7.jpg

8.jpg